ホームページ目次1997年前の話次の話

お盆休みのPDF事始めは苦労のしっぱなし、誰か教えて!

1997年8月17日

お盆の15日は、清く正しい日本人として、ちゃんと群馬県へうどんを食べ に行った。もちろん、舞茸のてんぷらも食べた。舞茸のてんぷらはあまりに量 があるので、1人1つも注文してしまうと食べられなくて残してしまうので、 2人で1つ注文することを忘れてはならない。

15日ということで東京への帰り道での渋滞が予想された。とくに、前橋の 利根川沿いで夜の花火大会の準備をしていたので、それに巻き込まれないよう に、早めに逃げ帰って来た。正しく逃げたためか、渋滞は全く無かった。 仕事から逃げるのも含めて、逃げるのだけは上手になったような気がする。 ただし、仕事から逃げすぎて仕事がなくなったりするので困ってもいる。

さて、前からやろうと思っていたというか、やらなければならない重要項目 がPDFである。印刷、出版、執筆などに関係している人間にとって、PDF を知らないことは許されない、というのは言い過ぎかも知れないが、インター ネットで印刷水準、あるいはそれ以上の品質の文字、画像などを流す手段とし て無視できない。

まあ、まえがきはどうでもいい。何かの材料を使って、PDFを作って、そ れを実際に私のホームページで流して利用して、さらに皆様の反応を調べると いう重要な問題がある。まあ、その結果によっては、印刷業界、出版業界がひっ くり返るなんてことはあるかもしれない。実際にひっくり返るのは、私の実験 の結果が原因ではなく、電子出版そのものの力によるのである。

材料であるが、当然私のホームページで実験するからには、パズル以外は考 えられない。それ以外で実験をするのは邪道である。非常に幅広い愛好者が存 在するため、非常に有意義な実験ができる可能性があるということだ。世間の 多くの企業や大学でやっているようなみみっちい、だれも参加してくれないよ うな実験をしても無意味である。回線がパンクして当然のような実験をしなく ては、将来の実用化のベースになるような情報は何も取得できないのである。

ということで、 クロスサム を例として挑戦してみることにした。ずっと前にポストスクリプトを勉強し たときに、クロスサムの問題や解答をポストスクリプトで記述し、表示するこ とをやったことがある。右のイメージは、ポストスクリプトファイルを、 Linuxのポストビューアであるghostviewで見たものの画面イメージを取り込ん だものである。ポストスクリプトプリンタで印刷すれば、出版されている本や 雑誌の問題となんら変らない。いや、高性能プリンタを用いれば、それ以上の 品質の問題が得られる訳である。

そういうこともあって、問題をインターネットで配布するのに、インターラ クティブに楽しんでもらう人にはJAVAで、じっくり紙上で鉛筆と消しゴム カスで楽しんでもらうためにはポストスクリプトでと思った時期もあった。し かし、ポストスクリプトファイルは一部の人々を除いてはそれほど一般的では なく、努力して作成しても徒労に終る事が確実視されていたので、ポストスク リプトでの配布は中断した。

さて、PDFを作ったりするには、さまざまなツール類を入手する必要があ る。しかし、それらの多くは、Windows上であったり、Mac上であったりするし、 有料である。すべての条件が私の要求と合わない。どうしよう、断念するしか ない。

と思う前に、インターネットで調べた。Linux上でPDFファイルに加工するた めのツールなどは存在しないだろうかと、検索エンジンで調べたり、PDF関 連のホームページを読み漁ったりしたら、簡単にツールの一部が見つかった。

「Linux上でPDFを扱うには」なんて、まるで私のために調査し、整理し てくれたようなページまであったので、早速いくつかのソフトを取り込んで インストールしてしまった。

まず、 PDFファイルを見るためには、Acrobat Reader が必要である。 Acrobat Reader 3.0J ダウンロードに置いてあるので、必要な方は取られたし。

pstoedit で psファイルを pdfファイルに変換して、xpdf で見てみればい いやと思ってやってみたのが 上の結果 である。かなり変換できてはいるものの、グレーの部分の数字が変になって しまった。よく見ると、2桁の場合に、99という数字が余分に重ね書きされて しまっているのである

やっぱり、無料ソフトを利用するとこの程度のものかと諦めかけたのである が、ちょっと工夫をしようと思った。pstoedit のオプションの中に、ps を ps に変換するという一見無駄としか思えない様なのがあったのだが、helpの コメントに、Flattened PostScript とある。つまり、複雑なpsを単純なpsに 変換するのである。それなら、一度、単純なpsに変換して後に、もう一度 pstoedit を用いて、単純なps を pdf に変換してみることにした。

こんどは、 上の結果 のように、ちゃんとなっている‥‥‥‥と思って安心していたのだが、念のために Windows95の上でも確認しておかなければと思って、 Internet Explorerでの確認の図 がこれである。何と、今度は表示されるべきものが表示されていない。

でも、プリンタに出力するとちゃんと印刷されてしまうのであるから、 Windows95での表示がおかしいだけだと思う。Linux上では、表示も印刷も極め て正しく動いている。Windows上では、正しく印刷はされるのだが、正しい正 確なサイズ(3インチ四方、77mm四方)では印刷されなかった。

まだ始めたばかりであるが、とにかくトラブルの連続である。ある程度動作 するけれども、きちんとは動作しないというのは、コンピュータ愛好者にとっ てもっとも楽しい時らしい。が、私にとっては、苦しい時なのである (^_^) だれか、おしえて〜っ


1997年8月30日 追記

今日、再び Windows95用の Acrobat Reader を別のマシンにインストールして 動かしてみたら、ちゃんと動くではないか。バージョンアップと共に、問題は 解決されていたようだ。


ホームページ目次1997年前の話次の話