ホームページ目次1997年前の話次の話

今日はホームページ一般公開2周年記念日

1997年8月30日

先日、開始以来の累積ヒット数が400万を越えた。1年前にちょうど40 万くらいだったから、約10倍になってしまったことになる。最初の1年はゼ ロからの出発であり、どんどん増えたといってもたいしたことはなかった。

1年経過したところで、まあまあ見に来るようになったなあと感じていたの であるが、その後は次第に伸びは鈍ると思い込んでいた。しかし、その後の1 年間もかなりハイペースで伸びてしまったことになる。

2年間の全アクセスは記録されて、大事に保管されている。これを分析すれ ば色々なことが分かるのであるが、一番凄いのは数ヶ月で倍々のペースで増加 することが止まらないことである。といっても、毎日2MB以上のペースでロ グ情報が増え続けているのが恐い。

1年を通じての季節変動が分かるかというと、殆ど分からない。まあ、連休 などには必ずアクセスが急激に減少するというのは確かである。休みだからイ ンターネットで遊ぼうというのは少なく、まだまだ仕事中、あるいは授業中に 私のホームページにアクセスに来て暇潰ししようという者が多い。というより、 無料で使える時間にしっかり遊ぼうということと思う。

この1年を振り替えると、昨年秋に月に十数万のオーダーに達した。毎日5 千ヒット位のアクセスになったのである。このころに、かなり多くの所からリ ンクが張られるようになった。

正月はちゃんと落ち込んで、その反動かどうか知らないが、正月になってか ら増え続け、月に30万ヒット前後に急増した。一時は毎週倍増ペースが何週 間も続き、サーバーをどこか別の所へ移動しなければ ヤバイかと思ったが、毎日1万ヒット程度のア クセスでこの春を迎えた。

この春、特に年度末、年度始めにかけて、ホームページとは直接関係ないと 思うのだが、様々な、どちらかというといかがわしい種類の仕事の話がやたら と来た。電子メールでやってくればいいのだが、どうして調べたのか電話番号 を調べて掛けて来た者がやたらにいた。やっと断り終えたかと思ったら、すぐ 次の電話が掛かってくるという調子で、すべての調子が狂ってしまった時期で ある。

6月後半からまた増え続け、今では毎月50万ヒットペースになってしまった。 普段の日は2万ヒット、休日は1万ヒットのペースである。

8月になって、各企業、大学が夏休みに入り、少しアクセスが減って来たな と思って安心していたら、盆明けの20日ころからアクセスがどんどん増えて いて、今度どうなるか恐ろしがっているところである。

ところで、世の中のホームページって、こういう感じに増加の一途を辿って いるのであろうか。なかなか実情を公開してくれる所が少なくて、殆ど比較の 対象にできるようなものが無くて困っている。アクセス情報をいろいろ公開し ているところがあったら、是非教えて欲しい。

2年間たらたらとやってきたのであるが、このホームページ作成のために費 やした総時間数というのは相当なものである。2年間で1000時間は下らな いことは確実である。これだけの時間を仕事に費やせば、無能な私でもそれな りのことはできたであろうし、若干の収入も手にすることができたとは思う。

しかし、毒を食らわば皿までもということで、行ける所まで行ってみようと いうことでずるずると続けてしまった。ここらで心を入れ換えて仕事に精を出 そうかと思う。そうなると、このところ急に増えて来た海外からの私の稚拙な 英語でいい加減に説明してあるJAVAパズルのページへ来ている人が可哀想 であるので、やはり続けようと思う。

それで、なんとか運用資金も無くなったことだ し、回線費用、コンピュータ代金、保守費用などもろもろ入れると、現状で年 に100万円もぶっ飛んでいるのが分かった。年間500時間分の無償労働の 上に年に100万円失い続けているのである。まだまだアクセスは増えそうな ので、今後も設備投資が必要になりそうで、回線増強の対策も考えなくてはな らず、頭の痛いことばかりである。

そういう訳で、微々たる広告でもして、大赤字にならない程度にはしたいと 思って、広告を入れることにしたのである。まだ まだ実験の域を出ていないが、イメージが表示されて、そのイメージをクリッ クする確率が高いのに驚いている。通常、バナーが押される確率は2%前後で あるのだが、只今のところ10%近くの人がクリックしているのである。驚異 的な数字で、何かのミスではないかと思っている。まあ、私のホームページへ 来るくらいだから、好奇心だけは旺盛に違いなく、それが高いクリック率に繋 がっているのかも知れない。

まだまだビジネスには程遠い程度のアクセスである。殆どの企業や団体など の組織的にやっているホームページのアクセス数を抜いたとはいえ、朝日新聞 社には遠く及ばないのだから、まだまだこれからである。(比較すること自体 が無謀かなぁ)

3周年の日を迎えられるように、暇な読者の皆 様は、せいぜい良い広告主を探して来るように。そのためには、もっともっと ヒット数が増えなければならないのである。2周年で400万だから、3周年 には4000万を狙うべきなんだろうなぁ。(無茶な目標である!)

でも、こんなにアクセスが増えると、回線をぐ〜んと太くして、どんどん回 線費用がかかって、最終的にNTTががっぽがっぽ儲かっておしまいかもしん ないなぁ。


ホームページ目次1997年前の話次の話