ホームページ目次1997年前の話次の話

SlimSCSIが98で動かなくて父親の権威失墜

1997年9月13日

今日のつれづれノートを書いていたら長くなってしまった。それで、前半を 昨日(12日)の話にしてしまった。まあ、実際やったのは12日なので、それで いいだろう。

昨日は、OCRの調査についてであるが、もう1つ調べなければならない ものがある。Windows95で使える 多国語ワープロ なのである。英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語がペラペラでサラサ ラの日本人女性(日本語は古典文学なら何でもみたいな人)が使うのですが、 何か適当なWindows95上のワープロソフトはないでしょうか?

Windows95であるが、それぞれの国のワープロを使う度に、別のWindows95、 つまりフランス語版Windows95、ドイツ語版Windows95、スペイン語版Windows95 は無しである。とにかくワープロの中で、多国語が使えればいいのである。 それから念のために書いておくが、Muleでは駄目なのである。私が使うのでは ないので。

今日のタイトルの話題である。娘のパソコンは、もうかなり古いPC9801ns/a というNECのパソコンである。ワープロで簡単な文章だけを打ち込むだけとい うから、一応Windows95を入れて、そのへんに転がっていたワープロソフトを 入れておいた。なお、パソコンに対してもうこれ以上投資する気はないのであ る。まあ、このパソコンでも使えるし、DOS/Vマシンでも使えるし、さらには LINUXマシンでも使えるようなものなら、投資は考えてもいい。

しかし、Wordを入れてくれとか言うので、どうしようかと悩んだ。何しろ、 CDが今は使えない状態なのである。でも、PCMCIAが挿せるようになっていたの で、Adaptecの SlimSCSIを自宅に持ち帰って、今朝SCSIを使えるようにしようと試みた。 SCSIが使えれば、後は何とかなるというものだ。もともとはマルチメディア ボックスの中古を購入していて使っていたのだが、壊れてしまって駄目になった のである。そのあたりは、今年の年頭所感 にある通りである。

さて、慣れない98で苦労して、やっとSlimSCSIを認識するところまでは到 達したので、指示に従ってSlimSCSIに付属していたフロッピーを入れてドライ バのインストールをしたら、どういう訳かすぐに終了し、デバイスマネージャー を開いてみたら、!マークがついていて駄目なのである。色々思考錯誤してやっ たのであるが、うまく行かなかった。

その間、我が娘は、文化祭のパンフレットとかいって、16ページに及ぶ 小冊子を、せっせと息子のBREZZAでWordを使いながら作っていた。誰に似たの か、すごいパワーで作っていた。もう少し勉強でもしたらと思ったが、 SlimSCSIくらい使えなくてはトホホなので、黙っていた。

だいぶ格闘したが不成功、インターネットに繋ぐには、BREZZAは娘に占拠さ れていてどうにも成らないので、ベッドで眠って考えることにしたら、どうも しばらく眠ってしまったようであった。その間に、娘は私のコンピュータに対 する能力を信用しなくなっていたようだ。

さて、起きてから、オフィスにやってきて、インターネットで アダプテックのホームページを 見て、ガクッと来てしまった。PC98の場合は駄目とある。製品にはPC98にも対 応とあるが、それは昔の話で、Windows95で動くようにするには、必要なファ イルをダウンロードして使うようにと指示がある。

だが、指示はあるのだが、どこに置いているのか分からない。ダウンロード のページがどうやっても見つからないのである。仕方が無いので、アダプテック にFAXを入れておいた。でも、今晩このまま家に帰ると、権威が失墜したままで ある。いくら弁解しても駄目に決っている。問題を解決する以外に権威を上げる 方法はあるまい、ということで、あれこれ探していたら、 downloadというディレクトリがあって、そこが ダウンロード・サービス であった。

大発見である。各種製品のソフトがダウンロードできるようになっていて、 良かった。と思ったのは束の間で、クリックしても、リンク先が無く、

File Not Found

が虚しく表示されるだけであった。 他の製品についても全く同様で、ダウンロードすべき物が一切無い。 これで、今夜、虚しく家に帰ることになってしまった。権威は失墜したままだ。 どうしてくれる!


ホームページ目次1997年前の話次の話