ホームページ目次1997年前の話次の話

そろそろ反応の鈍い日本企業の相手は止めようかな

1997年9月20日

前の話で、Windows95で英語、フランス語、 ドイツ語、スペイン語、イタリア語をWord97で使いたいというスーパーガール の話をしたが、今日やっとその女性に使い方を教えた。

私がパソコン初心者で、Windows95では、「コントロールパネル」の「キー ボード」で簡単に多数のヨーロッパ大陸の言語を設定できるのを知らなかった ので、前回、「皆さん教えて」なんて書いてしまった。ごくごく初歩的なこと であり、全国に無知を晒したようなものであった。

でも、丁寧に教えてくれる親切な方々がいて、本当に助かる。ここで、こう やって得た知識を、さも知っているようにして教えているだけなのであるが、 これで彼女に対して面目が保てた。

実際には、彼女はパソコンを殆ど知らないので、パソコンに夢中になってい る彼女の息子さんに指示してやってもらったのである。まあ、息子さんに指示 したついでに、娘さんにも電話に出てもらったら、「おじちゃん、良く知って いるのね。今度、教えて」なんて言われちゃった。今年の夏休み、娘さんは私 のうちに我が妻から料理を習いたいと泊りに来たのであった。まあ、これで、 娘さんからも信頼を得られちゃった。

というわけで、スーパーガールと言った人は、そんなに若くもないのである。 私よりはもちろん若いが。

さて、このところ、仲間が持って来る仕事が失敗だらけである。某社某事業 部、某校でホームページを作りたいとの話があるので、協力してくれ、との話 であった。仲間の場合は、やばい仕事でなければだいたい協力することにして いるので、協力準備を進めていた。

その中の1つは、彼は某社某事業部の担当であることも分かっていたし、準 備を始めたのであった。プレゼンテーション用のサンプルホームページ作成を 始めていた頃、どうもその某社がインターネットについて何かやろうとしてい る気配を感じたので、インターネットで調べたら、クラスCのアドレスを大量 に確保しているので、これは怪しいとなった。

資料に基づいて、とにかく簡単なサンプルを作り終った時に、再度インター ネットで調べたら、何と、サンプルを依頼して来たもの以上のものが堂々と公 開されていて、「お〜い、某社某事業部だけでなく、某社全体でホームページ を大々的に開始しているぞ!どうなってんだよ〜」ということで、全部ボツ。

もう1つ、同じ仲間が持って来たので、調査依頼があった。某校のホームペー ジやインターネットについて、こっそり調べてくれとのことであった。まあ、 あちこち乗り込む前に事前調査をインターネットでやってくれとの良くあるパ ターンである。

わたしもちょっと迂闊だったのだが、最初、調査依頼範囲だけを調べたので あった。下手なプロバイダに外注して作ってもらって、ホームページをレンタ ルサーバーに置きっぱなしにしている良くあるパターンに見えたのである。

そういうことで、「某校のホームページはあるが、入学案内だけのどうしよ うもない状態にしか過ぎない」と連絡しておいた。しばらくそのままだったの だが、更に詳しく調べてくれとのことで、某校オーナー関連の書籍2冊を持ち 込まれて、それを参考にしながら調べ直した。

すると、その間に情勢は一気に変っていたようだった。某校のホームページ は相変わらずであったが、某校オーナーの関連ホームページが開設されていた りして、もう自分達で手をつけ始めているのが分かってしまった。

以上のようなことは、調査依頼で良く有ることなのだ。色々検討し、あちこ ち根回しし、傾向を分析し、対策を立てる為に、詳しい調査を依頼されること が多いのだが、往々にしてその間に世の中変ってしまうのである。

はっきり分かっていることは、インターネットをやる気のあるところは、早 くしないと必ず自分で勝手に始めるのである。そして、やる気のないところは、 「やります、やります、絶対やります」と言って永久に始まらないのである。

日本の組織を相手にする場合には、必ずこういうことになるので、非常に気 をつけなければならない。まあ、それ以上に、「やろうと思ったら、とにかく つっ走れ。企画しているうちに終るか、企画が永久に続くかだから」とは常に 言っているのだが、日本社会はそれを否定するようだ。

今までの100倍の速さで決断するように言うのだが、せいぜい2倍の速さ になれば良い方である。今日、渋谷でちょっと立ち読みしていたら、日本企業 の効率の悪さを書いた本があった。日本大手企業のパソコンの利用は、台湾、 シンガポールなどに比べたら遥かに後れている。まあ、日本のオフィスは、そ のまま博物館にして、 「昔、日本には、こんな非効率なオフィスがあったのだよ」 とするのが適当である、と結論づけていた。

これは誰でも知っている常識だが、効率を禁止している事情、禁止しなくて はならない事情が色々あるのも事実なんだけど、そしてそれを隠さなければな らない事情もある。でも、こんなことでは日本の将来どうなるのでしょうねぇ。

という訳で、来週から海外の企業視察に行くのある。


ホームページ目次1997年前の話次の話