ホームページ目次1997年前の話次の話

LANカードではなくノートパソコン本体が駄目

1997年9月27日

この頃、色々な物がまた集中的に壊れだしたようだ。インドネシアでは大火 災で地球が壊れようとしているようでもある。人工衛生からみた煙の様子が 日本気象協会に出てい るが、なかなか凄い。ぼんやり写っているのが煙りで、白くなっているのが雲 らしい。煙が風に流されている様子も良く分かる。

ガルーダ航空機が墜落したが、それも火災の煙が原因しているらしい。飛行 機が飛べるだけの視界がなかったそうである。電波誘導で着陸しようったって、 人工衛生と地上施設を組み合わせて、非常に視界の悪い状態でも勝手に着陸で きてしまえるというのはまだこれからで、今回の墜落はILS(計器着陸方式) の電波を捕捉しようとして山にぶつかったのかも知れないとのこと。 参照: ILS(計器着陸方式)

さて、月曜日にはイスラエルへ行ってきて、その後帰って来てからは電子メー ルで色々やりとりをしている。日本語のメールで送っても、処理してくれる人 が一人はいるのだが、それではどうしても間接的になってしまうので、意味の 通じそうもない英文を書いて何通かメールした。もちろん、私の英文では危な くていけないので、一応 Cc: で英語、日本語両方ばっちりできる者にもカー ボンコピーを送るようにしている。きっと、これが今週の疲れの原因かな。

『2001年宇宙の旅』プロジェクトなるものに参加させられていて、こちらも 結構時間を食ってしまう。つまり、2001年に色々行なうのであるが、そのため の調査を行なうのである。私の直接担当しているのは、宇宙の旅の支援とコン ピュータ技術の関係と言えばいいのだろうか。自分でやっていても良く分から んのだ。

コンピュータの性能は、どんどん上がるに決っている。まあ、今の10倍くら いの性能を前提に設計すればなんとかなるのではなかろうかと思っているだけ である。コンピュータの性能もどんどん上がったので、簡単な3次元表示なん て、子供の遊びにだってどんどん利用している時代である。

今の馬鹿でかいブラウン管式ディスプレイを装備するのはとても邪魔なので、 高性能の液晶が欲しいなぁ、と思っている。せいぜい1600×1200のフルカラー のとても奇麗な液晶で、動画再生しても全然問題無いようなのが欲しいなあ。 本当は、そういうのを個人用に欲しいんだが。宇宙にも必要だろうが、狭い狭 い自宅にもそういう表示装置が是非欲しいのである。

『2001年宇宙の旅』プロジェクトは、そういう夢をドキュメントにしていく 作業なのである。そして、シナリオを作って、ビデオ化して、実現していくの だろうか。まだまだ不明な点もいっぱいあって、雲を掴むような話であるので、 これ以上書くことができない。

さて、私のホームページであるが、今日で、先月1ヶ月分のアクセスを突破 してしまったようである。このままいけば、59万〜60万ヒット程度になり そうな雰囲気である。これで5ヶ月連続の伸びである。

最近の特徴は、海外からのアクセスが増えて来たことである。特に、イギリ スからのアクセスが多くなった。今までは、海外の順位は、 1位 アメリカ、 2位 カナダ、 3位 オーストラリア、 4位 イギリス、ドイツ、オランダ、スエーデン という順番に毎月なっていたのだが、イギリスがオーストラリアを抜いてカ ナダに近付きつつある。これも、イギリス人のパズル好みのせいなのだろうか。

さて、前の話の終りの方で、仲間のノート パソコン(ThinkPad)でLANカードが動かなくなった話を書いた。3Comのカード は動いたのだが、急遽購入したカードが動かないので、どうしようかと購入者 は腐っていたのである。何しろ、安いのを買って来たので、動かないかも知れ ないという不安がちょっぴりはあったのだが、安さに引かれて買ったのである。

そこで、親切なる私は、自分のTDKのLANカードを貸したのである。これ は、彼が普段使っているLANカードの古いバージョンであるが、まあ、かなり 世の中の標準品に近いので、ドライバもWindows95標準サポートで、PCMCIAカー ドを差し込んだだけでインストールしてくれて、勝手に動くかもしれない。

実際、挿したら勝手にインストールしてくれた。この点は買って来た安物 LANカードとは違った。が、はやり動かない。そんな馬鹿な。

これは、ノートパソコン自体が調子が悪いのではないだろうかという疑問を やっと持ったのである。LANカードが動かないからといって、LANカードが悪い とは限らないのである。3Comだけがちゃんと動いているようで、その他が全部 駄目ということは、ノートパソコン自体がかなり不安定な変な状態になってい るのではないかと遅ればせながら思ったのである。

それで、やっと自己診断を動かした。すると、本体が駄目ってエラーを出し てきてしまった。ノートパソコン、本体が駄目だと言われても、ちょっと個人 で修理するのは辛い。その時はもう夜で、インターネットでIBMのサービス を調べたら、サポート受付時間は終っている。

次の日、IBMに電話を掛けてエラーコードとか伝えていたが、どうもノー トパソコンを暫く修理に出す以外手は無いらしい。しかし、いまはかろうじて 動いていて、あと数日後に重要なデモで使う事になっていた。それまでは、 どうしても持たせないといけないので、とりあえずハードディスクの内容を、 なんとか動く3ComのLANカードを使って、別のコンピュータに送り込んでいた。

あと数日持つかどうか、それは神のみぞ知る。


ホームページ目次1997年前の話次の話