ホームページ目次1997年前の話次の話

明日は回線工事、私は『2001年宇宙の旅』へお出掛け

1997年10月2日

明日はネットワークセンターの回線工事がある。たっぷりとコンピュータ資 源があるというほどの贅沢をしているプロバイダではないので、今使っている サーバーマシンなどを、世田谷サーバーファームへ移動して接続し直すのであ る。

現在のネットワークセンターは世田谷区の中心である、東急新玉川線の三軒 茶屋駅の近くで、交通は大変便利なのであるが、サーバーマシンがそんなに便 利な所にあったからといって、ネットワーク経由で利用する者にとって特別な メリットがある訳ではない。

今度の世田谷サーバーファームというのは、やはり最寄り駅は同じであるが、 ちょっと駅から離れた静かな公園の近くに位置する。ビルのオーナーが1階で 電気の必要な仕事をしている関係で、電気がたっぷり取れるビルなのである。 これだけコンピュータが普及してきて、インテリジェントビルとかいうらしい ビルが随分増えたのであるが、その殆ど全ては電気が使えないのでサーバー設 置には全く向かない。こういう、工場的なビルが実際にはコンピュータを設置 するのに適しているのである。

明日3日の予定であるが、午前中にマシンを止めて、手押し車に載せてオイ ショコラショと押して世田谷サーバーファームまで運ぶ予定らしい。マシンの 移動は午前中に終るらしいが、それはちゃんと関係者が朝早起きできるかどう かにかかっている。

たいていのプロバイダ、とくに金持ちプロバイダの場合には、新たな高性能 マシンをで〜んと用意して、調整を済ませてから一気に接続を変更するのであ ろうが、そういう訳にはいかないので、回線が不通の時間が結構長くなってし まうのである。

まあ、そんなことはたいしたことではない。今日、ちょっとネットワークセ ンターに立ち寄ってたが、サーバーマシンの付近には、各種ケーブルがざるそ ば状態になっていた。イーサケーブル、電源ケーブル、電話ケーブル、SCSIケー ブル、ディスプレイケーブル、キーボードケーブル、マウスケーブル、その他 有象無象の線がしっかりと絡み合ったコーナーが出来上がっていた。

時々、ケーブルを追加したり、外したりしているので、その度にエントロピー が増大すると言う物理原則に正確に従っているのである。今日も、コンピュー タ1台分のケーブル類を外していたのを他人のようして見ていたが、電源ケー ブルを抜く時なんか、間違って他のものを抜いてしまうとパニックになってし まったりするのである。

一応、明日の移動先の方の調整は今日終ったらしい。もうNTTのデジタル 回線も一応工事は終り、明日切替えるだけの筈である。まあ、あくまで筈で、 その場でパニックなんてことも無いとは言い切れない。全ては明日分かるので ある。

しかし、明日の午後、私は『2001年宇宙の旅』へ出かけなければならなくなっ た。でも、午後にミーティングが行なわれるということは、 午前中の肉体労働 の部分だけを手伝うことになるのかも知れない。ちょっと恐ろしいことであ るが、今のところ、ネットワークセンターと上位プロバイダ(東京インターネッ ト)の間を流れているデータの中で、私のホームページが盗まれて行くための データ量が過半数になっているので、責任上サボることもできない。いやいや、 毎日毎日覗きにこないと気が済まないような人が肉体労働を無償提供するのが 論理的に正しいような気がするが、どうだろう。

『2001年宇宙の旅』からは、夕方少し遅くには帰ってこられると予想してい るのだが、そのときにはもう工事は完了して、すべてが終っている筈で、うま く行ったら飲み会でも始まっているかも知れない。

明日は、何時接続が再開されるか分からない。まあ、時々確認でもしていて くれたまえ。 メーリングリスト参加者 には、工事が無事完了したら、メールが行く筈である。

明日に備えて、今日は早く寝なければならないのである。だから、こんなこ と書いている場合じゃないんだよな、きっと。


ホームページ目次1997年前の話次の話