ホームページ目次1997年前の話次の話

ネパールLinux支援マシン はやっぱり遅かった

1997年10月28日

妻から頼まれていたポットを買うのに、かなり苦労をした。家を出る時は覚 えているのであるが、エレベータの付近まで歩くとかなり忘れてしまう。その 間、30秒くらいだろうか。でも、オフィス行く途中のディスカウントショップ の前を通ると思い出すのであるが、その類の店は開店時間が遅く、この私の仕 事開始時間になっても開いていなかったりする。それで、買えなくて、後で来 ようと思う。

しかし、後で行くのを忘れるのは、いつものことである。だから、1週間く らい毎日買い忘れて帰り、温くなった湯でインスタントコーヒーとかを飲むし かなかった。

昨日、意を決して、『2001年宇宙の旅』から帰って来て、あちこちの店を見 てみたが、妻の希望するようなポットはディスカウントショップでは見つから ない。ディスカウントショップ以外へ行っても殆どなかった。

いま、ポットといえば、殆どが電気ポットで、水をいれておけば沸かしてく れるタイプである。これは、どのディスカウントショップへ行っても種類が豊 富で選ぶのに困るくらいである。なのに、妻はそういうのではなく、ただ湯を 入れるだけの単純なポットで、押すと湯が出て来るようになっているもの、と の御指定なのだ。

昔は、ポットと言えば、沸かした湯を入れて、注ぐ時にはポットを持ち上げ て傾けて入れるものであったが、人間横着になって、頭を押えるだけで出る方 式が流行り、今までは水を入れれば勝手に湯になるタイプになってしまった。

沸かすタイプのやつは、どうしてもポットの中が汚れてしまうから嫌だとい うので、大型ディスカウントショップでやっと2種類ある中で、当然安い方を 買って来た。今、電気ポットがどんどんディスカウントされているので、電気 式でないポットとの価格差はたいしたことはない。普通のポットでも象印とか のブランドものだと、電気ポットの安いのと全然変らなかったりする。

でも、そういうことで、やっと懸案の電気式でないポットを購入することが できた。

さて、今日は、やっとまとまった時間がとれて、 ネパールLinux支援プロジェクト の作業として、送られてきたマシンのチェックを行なっている。

マシンは順調に集まって、本体だけで3台になった。その他に、マザーボー ド、グラフィックボード、メモリが来ている。キーボードやマウスが全然集まっ ていないのはちょっと困るのだが、どなたか送って下さる方があると嬉しい。

そういえば、Linuxのインストールは、ネパールプロジェクトでインストー ルして以来のことである。どこかに新しいLinuxのCDが転がっていないかと探 したのであるが、ついに見つからなかったので、ネパールプロジェクトで使用 したCDをまた使っている。同じCDは、インストール本と共に、 VITAL倉敷のメンバに プレゼントしちゃったが、彼はその後Linuxをインストール出来たのだろうか。

今日チェックしているマシンの主要なスペックは、486SX25MHzで、IDEが 200M程ついている奴である。フロッピードライブはついているが、CDはついて いない。まして、LANカードも、SCSIも付属していない。なかなかこのままで は十分には使えないなあ、というより、チェックするのも面倒であるな、とい うことで、別の使用中のマシンの16倍速のCD-ROMを繋いで、LINUXのインストー ルをちょっと始めてみた。

始めてみたのはいいのだが、なかなかインストールが進まないので、ついに こうして、パソコン生活つれづれノートを書きながらの作業になってしまった。 最初は、私のディスプレイに、いつも使っているLinuxマシンの画面と、イン ストール中の低速マシンの画面とを切替えて出せるようにして作業をしていた のであるが、さすがに面倒になったので、押入に入れていたディスプレイをイ ンストールマシンに繋いで作業をしている。

別々のディスプレイになったので、どんどん書きながら、ときどきちらちら と横目で進行具合を見て、Enter KEY を押さなければならない時だけ押してい る程度の作業なんだが、時間が掛かる。つまり、このノートがどんどん書けて しまうのである。

インストールの時は、当然Xウィンドウを使っている訳ではなく、文字ベー スであるから、速いはずなのであるが、これが遅いのである。Linuxのインス トールでPackageを次々と入れて行く時に表示されるのが、ゆっくり上から下 へ、さらに左から右へ書き換えて行くのがはっきり分かるくらい遅いのである。

一応、Emacsもインストールというより、考えずに皆入れてしまえというこ とで作業を進めたのである。こんなに遅いのだったら、少しは考えたのである が、もうやり直すのも、止めるのも面倒だ。そのまま進めようと思う。

インストールの時、CD-ROMだけ高速なので、アクセスの瞬間だけウィ〜ンと いう音が瞬間だけして、その後しばらく休んで(というか本当はのんびりと展 開でもしているのだと思うのだが)、それからハードディスクがまた遅い音を たてて回っている。展開して1MB以上もあるソフトだと、分単位で待たされて いるような気がする。

インストールを始めて、やること無くて書き始めたのに、もうこんな長さに なってしまった。こんなに時間がかかるのだったら、自分のマシンのバックアッ プでもやるのだった。インストールの顛末は、また次回ということにしよう。


ホームページ目次1997年前の話次の話