ホームページ目次1997年前の話次の話

最近また増えてきた日本語漢字コード問題

1997年11月29日

ただいま、延々とプリンタで印刷している。来週の会議のための資料である。 この会議、ある意味では紙を使った情報伝達から脱皮しようと言う会議でもあ るのだが、会議では紙が必要なのである。

私は、普段は一切紙は使わない主義である。メールを紙に印刷してから読む 者も多数いるようであるが、そんなことをしたら毎日数百枚の紙が必要になり、 それらを保管するだけでも大きなキャビネットを必要とする。こんな訳だから、 紙は殆ど使っていないのである。原稿執筆のときに、実際の感じをつかむのに 出すとか、知らない会社などへ行くときにメールで送られて来た案内図を印刷 する程度である。

ちょっと前なんか、部屋が狭いので、1週間くらいの間プリンタを外してい たが、一度も困ることは無かった。「プリンタはどこに入れたかな」と思い出 すのに苦労したくらいである。それなのに、プリンタの価格競争と性能向上は 留まるところを知らないようである。

会議では文字の美しさが要求されるので、「きれいに印刷」のモードを選ん で印刷しているのでやたらに時間がかかる。全部で170枚ほどの印刷なので、 かなり時間がかかるので、こうして「パソコン生活つれづれノート」を書く時 間ができたのである。

と思っていたら、電子メールで、パズルの問題が送られて来た。スライドパ ズルの発展形なのであるが、手数が200手以上と言うちょっぴり面倒なやつが 何問も並んでいる。このくらい長い手数になると、ちょっと手作業で最短手数 を求めるのは私の能力の限界をはるかに越えるので、解法プログラムを数時間 で作成した。もちろん、こんなに短時間で作ったからにはせこいプログラムで ある。

あまりにもせこいプログラムで、今回送られて来た問題はそのままでは解け ない駄作なのである。でもデータを工夫すれば解けないことはないのだが、無 駄が多くなってしまうので、プログラムを変更してから解かせようかどうしよ うか悩んでいる。

修正はあちこちに及んで、総計数十行という大幅なものになりそうで、1時 間もかかろうかという大作業である。でも、この作業をやったあかつきには、 プログラムが更に汎用的なものに生まれ変わるので、やるべきだろうなとは思っ ている。でも、月曜日の朝までに、上に書いた印刷以外にも、若干の書類を作 成しなければ成らず、悩んでいる。

こんなに悩んでいると、きっと別の書類の作成のとき、気もそぞろになって 仕事どころではないと思うので、さっさとプログラムの修正をすればいいので あろうが、悩みと言うのはそういう詰まらないことが多いのである。

どういう訳か、このところ急に日本語文字コード関係のトラブルに巻き込ま れることが多くなった。自分でも書き間違えたり、設定を間違えて意図したの とは異なったコード体系のファイルを作ったりするが、まあ何とか気がついた り、指摘されて直したりしている。

自分が直接やっている範囲については、自分で直せば済むのだから事は簡単 なのである。最近問題なのは、あっちこっちで日本語コードを間違ってくれる ことが多くなったことである。あまり自分に関係ないことだったら、せいぜい 「あきれたページ」(2002/1/31閉鎖)の「日本語乱用ページ」 に載せて皆さんに日本語ミスの問題について警鐘したりしている。

そのとき、たいていはメールで知らせてあげるのだが、全然直らないことが 多い様である。コンピュータ技術者と言われているらしい人々の中にも、シフ トJISしか存在しないと思い込んでいる者が大部分らしいのである。自分のコ ンピュータで見えるのだから絶対に正しいと確信している者が多い。自らの技 術力に絶対の自信をもってやっているようなので、こちらから何もいうことは ないので、ここにぐちを書いているのである。 私なんて、周りの連中を見ると、自分の技術力の無さに打ちひしがれてしまう 状態である。

他人様のホームページは、まあそんなもので事は済む。しかし、関係者がやっ ているところ、技術サポートしているところで発生すると、結構面倒である。 トラブルが発生するところは、Windows95かWindowsNTしか使ったことがないか、 日本語なんて簡単と思い込んでやってくる外国企業の面々である。

インターネットもイントラネットもない時代は平和であった。Unix屋さんを 除けば、殆どのコンピュータは単独で動いているか、同種のコンピュータが繋 がっているに過ぎないネットワークを構成しているに過ぎず、使用漢字コード も1種類といって良かった。

しかし、インターネット、イントラネットになってがらりと変ってしまった。 シフトJIS以外にも、JISコード、EUCコード、さらにはユニコードなんてのも あるというのを知らしめる絶好の機会となった。これからどのように漢字コー ドの問題というかトラブルは転がって行くのでしょうね。1つのファイルに 複数の漢字コードが乱舞するなんてのもあるしね。


ホームページ目次1997年前の話次の話