ホームページ目次1997年前の話次の話

今年はインターネットが空騒ぎできた年

1997年12月30日

もう、今年も、大晦日を残すのみとなってきた。それで、一応今年を振り返っ てみようかと思う。

昨年の年末の総括は、 「 今年はインターネットがやっと立ち上がり始めた年」 であった。1996年は、インターネットというのが将来重要になってくるとの 認識が持たれ始めた年であったが、実際にインターネットを使ったことがある 人はまだ極めて少なかった。インターネットといっても、何のことか分からな いが、分かったふりをしないと時代遅れの人間みたいに見られるから、分かっ たふりをする人間が出没した年といえるだろうか。

そして、1997年、状況は確かにかなり変った。1996年は一部の人々の騒ぎだっ たのが、もっと多くの人々、今までコンピュータもパソコンも、ワープロさえ 触らなかった人々までも巻き込んで、インターネット、インターネットと言い 出した年である。

一応インターネットを若干やっている私は、この波にまんまと巻き込まれて しまった。とりわけ、2月から5月の連休頃までの間、どうやって私への連絡 方法を捜し当てたのか、電話で連絡を取る者が後を絶たず、大層困った。イン ターネットに関してやりたいことが有るので協力してくれとの依頼が多いので あるが、その依頼が電話でくるのである。

なんで電子メールにしてくれないのかと思うのであるが、聞いてみると、電 子メールなんてものは知らないというのが大部分である。電子メールさえ使え ないのに、インターネットを利用してビジネスをやろうという輩が、必死で隠 している電話番号を調べあげて連絡しているのである。

一部上場企業から、これから会社を起こすので手伝ってくれというのまで、 さらには人材派遣会社を設立するが、技術者の技量を判定できる人がいないの でなんとかしてくれとか、はたまたインターネットを利用すれば人材はどんど ん集まって新事業が開拓できるから是非やりたいとか、とにかく千差万別の依 頼がやって来た。

これらが、年度末、年度始に怒涛のようにやってきた。皆が同じことを考え、 皆がやったら、殆どが失敗するに決っている。もちろん、予定通り、大部分は 失敗した模様である。とくに、日本では、ショッピングモールなどの類の失敗 が酷い様である。商品点数もほとんど用意できないくせに、販売計画ばかり立 ててどうするのかと思っていたら、ほとんどがきれいに枕を並べてほぼ全滅ら しい。

山のように来た問い合わせのなかで、全部断ってしまえば仕事が無くなって 餓死するので、若干はやることにした。昔から付き合いのある一部上場企業、 最近伸びている技術の高い会社、面白そうな会社、逃げたいけれどしがらみが あって付き合わないといけない会社など、それなりに選んでやったのであるが、 やはりかなりの仕事がこけた。

大企業の方が良くこけた。これは、主に、フットワークの悪さが原因であっ た。何をすればいいか、やるべきことは分かっていたが、決定権をもっている 者、予算を持っている者が決断を下しかねている間に世の中が変化してしまっ たことも多い。2〜3ヶ月して動けないと確信が持てるようになるが、すっと 引くしかないのである。動こうとしない人間を動かすための説得は大変苦労を する。幸いこちらは部下とかではないので、駄目と判断したら逃げるか勝ちと いうことで逃げることにしている。あ〜ぁ、今年は何度逃げたことか。

個人的にはJAVAをもっとやりたかったのであるが、この点でもいろいろずっ こけた。JAVAのISOの決定も年末近くにやっと決定したのだが、未だ日本語処 理についてはもたもたしている。細かくバージョンは上がるが、それにいちい ち付き合っていたのでは他のことが何も出来なくなってしまう。

とにかく、JAVAについては、表面上は盛り上がっているようだが、どうも内 面はくすぶり続けていた一年に思える。まあ、いまでもくすぶり続けていると いった方が正解かも知れない。プログラム言語としてよりも、将来の覇権をか けた企業間の戦いの道具になってしまって、順調な成長はしていない。来年は 大丈夫なのだろうか、というのが今から気になる。

このホームページの方は、まずまずの伸びである。アクセスはだいたい4〜 5倍に伸びたようだ。今年の後半からは、若干ではあるが、広告費も取って運 用の足しにするようになった。求人広告、求職広告もやったが、この反応は、 個々の内容によって反応ゼロから非常に喜ばれたものまで様々である。

最初は、どんな広告でも金さえくれればやりますよ、と言っていたのである が、それは止めた。トラブルの元になることが判明したからである。そもそも、 私のホームページを見に来る人というのは、どうも普通でないらしい。そうい う人向けに、普通の人を欲しがる広告を載せてしまうと、求人側、求職側、双 方が不幸になるのである。それで、このページに相応しいと思われるところに 絞って載せることにした。ときたまそれ以外も断れなくて形式的には載せてい るが、思惑通り反応がなく安心している。これからは、もっと特殊な内容につ いて役立つ情報を出そうかと思っている。

今年になって急に人気がでてきたのは「あきれたページ」(2002/1/31閉鎖)である。 さいしょはちょろちょろやっていたのであるが、伝言板も多いに書き込まれ るようになり、トラブルも発生し、盛り上がった。もう、メンテナンスに苦労 する位である。年末に新進党が解党してしまったので、またまた国会議員のホー ムページが注目に値するかと思っている。

まあ、なんだかんだとあった年であった。なんだかんだとあったが、実りに まで結びついた物は極めて少ない年であった。つまり、今年はインターネット が空騒ぎできた年だった。昨年は、空騒ぎもできなかったのだから、これでも 進歩と言うべきだろう。来年は、少しは実が成って欲しいものである。


ホームページ目次1997年前の話次の話