ホームページ目次前の話次の話

回線パンクでミラーサイト準備大作戦

1998年3月1日

細々とやってきた全く個人的なホームページで、非公開プロバイダにこっそ りと置いていたのであるが、ときどき所在をばらす者がいて、徐々に、あるい は突然アクセスが増え、そろそろ回線が耐える切れなくなってきた。

ウィークデイに昼休みともなると、秒3ヒットくらいが続くことがしばしば だが、回線の限度にほぼ達しているようである。楽しみで私のページを訪れて いる人のアクセスに時間がかかるのは知ったことではないのだが、こちらがイ ンターネットから情報をとろうとしたとき時間がかかるのは許し難いことなの で、何とかしようと計画だけは立てた。

最小の費用で、どこか条件のよいところへ引っ越すか、ミラーを作ることで ある。引っ越す場合には、データベースまでからんでいるので、いろいろ問題 があるし、pro.or.jp の下に置いていることで来ている人も大勢いる。それで、 ミラーを作ることにした。

ミラーするにもいろいろなタイプが考えられるところだが、技術的には馬鹿 でも分かる方法にすることにした。現在 pro.or.jp にあるファイルを他のと ころへもそのままのディレクトリ構成で置いてしまおう、ということである。 今でも、自分のLinuxマシンから、FTPで pro.or.jp にアップしているのであ るが、今度からは、pro.or.jp と新しいところの2箇所にアップすれば良いだ けであり、何も頭を使うことはない。ちょっと時間がかかるようになるだけだ。

と思ったが、そうはいかない。データベースが絡んだり、自動的にHTMLファ イルが更新される伝言板の部分がある。この部分までもミラーするのは難しい。 ということで、難しい部分は今迄通りとすることにした。いかにも安直な考え であるが、もう時間帯によっては回線パンクが日常化してしまっているので、 早く対処しなければならない。

それで、ミラー先を探す前に、ミラーのテストをしなければいけないという ことで、こっそりと某大手プロバイダのウェッブサイトを又借りしてテストす ることにした。さすが大手プロバイダのレンタルサーバーは快適で、ftpでアッ プするときも、64KでつないでUPしている pro.or.jp と同じ感覚でできてしま う。だから、このままここにしようかと思ったが、どんどんアクセスが増える と、どんどん金を取られてしまうので、快適さに未練はあったが、貧乏ゆえあ きらめた。

ミラーテストの方はかなり進んでいて、一部のページを除いてミラーできる ことも分かった。今では、テストのために、更新したページ、新気ページは pro.or.jp と 新しい秘密テストサイトの両方へアップされるようになってい る。そして、若干名の仲間にテストに加わってもらっている。今のところ問題 は全然ないようだ。ミラーのための作業の2/3位が終っているのであるが、あ と少しとなって時間が取れなくて遅れている。それでも、あと1週間くらいで 片付けたい。

さて、実際のミラー先であるが、日本全国つつうらうら、どこかに安いとこ ろはないかとINTERNETマガジンを頼りに探しあるいたが、なかなか条件を満た すところは少ない。なかには、そんなにアクセスがあるのなら、絶対来てくれ たら困るといわれることもあった。

安いだけならいっぱいあった。しかし、ログさえ取れないようなところに置 くのはいやであったし、回線が細いところでは、ミラーが始まったと同時に重 くなってしまっては何のためのミラーか分からないし、その下にぶら下がると ころには多大の迷惑がかかってしまう。最低でも384K程度の線は来ていないと 影響がはっきり出てしまいそうであり、選択の幅は意外と狭いのであった。

それで、困った困ったと思っている時、郷里の児島へ行ってみた。昔の仲間 も多数住んでいるので頼ろうという安直な考え。といっても、インターネット で行っただけである。新幹線を利用して行くと3万円以上、高速バスでも往復 2万円にもなる。インターネットなら、一度接続すれば、 児島までもアメリカまでも同じ である。そこには こんなLinuxサーバ (BBS倉敷) がケーブルテレビにつながっているではないか。良く見ると、ここは郷里の 商工会議所青年部が運営しているではないか。ということは、もしかしなくて も知合いがごろごろいたりするのだが、何とかならないかな。でも、プロバイ ダではないし。

児島については、 ホームページ集/児島なんてのを作っていたら、「入れてくれ〜」なん てメールが時々来るようになった。いろいろ調べてみると、その多くが商工会 議所のメンバーだったりする。その他、もっと児島のことが知りたければ、あ るいは私の素性が知りたければ、児島まで出かけていって、 若旦那のホテルに泊まっ て素性調査をすれば小さな町なので全部ばれると思うが、そんなことをしなく ても、 プロフィールを見れば、児島のこと も含めて分かる。

さて、そうこうしているうちに、児島商工会議所からメールが届いちゃった。 OKだって。ケーブルテレビだし、回線の太さも十分だし、無料でOKになった。 でも、利用だけするのは悪いので、 児島商工会議所青年部のページ がもっともっと有名になる位の協力はしなくちゃいけないので、今読んでい る人は、必ず行ってみるように。毎年、春と秋には地元繊維メーカーによる衣 料品の大規模な安売りイベントが行なわれるので、これは注目である。

さて、実際のミラー開始はいつになるのだろう。1週間後くらいには何とか したいと思っている。


ホームページ目次前の話次の話