ホームページ目次前の話次の話

パソコン1セット寄贈してくださる奇特な方現れる

1998年8月5日

東京は、梅雨明けしてからずっと天気が悪い。今日も今現在、夜の8時半だ が、また雨が降っている。ちょっと気象庁発表の天気予報を見たら、大雨注意 報が各地に出ているようだ。ここ東京では、気象庁の発表とは全く関係なく、 梅雨明けはまだまだ先のようである。それとも、梅雨明けしないまま秋を迎る のであろうか。とにかく、天候不順である。

もちろん、私の仕事も不順である。なんたって、どんどん仕事を押し込む悪 いやつがいて、原稿書きが全然進まなくてこまったが、それでも何とか書き終 えるだけは書き終えたが、まだ読み返す時間がない。それに、今回の本は、CD をつけるとか、画面コピーなどを入れる必要もあり、編集に指示すべきことも 多いのである。

それで、どんどん来る仕事のうち、もっとも前から長引いていた約1年もやっ ている仕事の仕上げを、仕事を回してきた本人に引き取ってもらうことにした。 まあ、なんたって、某省の仕事であるし、某省は結構人の移動が激しく、担当 者は変わってしまうし、まあとにかく大変なのである。ネットワーク部分とか、 グラフィックス部分くらいは担当してくれと言われて担当したのだが、なかな か作業が遅くて遅くて、バサバサっと作ってしまいたい当方としてはペースが 合わなくて、それだけで疲れてしまうのであった。

昔のことだが、かなり高い月単価で、他の人がやっていた画像圧縮展開ソフ トの開発の続きの仕事をしたことがあるのだが、ホイホイっとやったら、実は 1週間ほどでちゃんと動作してしまった。一応、1ヶ月の予定であったのだが、 これは困ったということで、遠方へ出張して、納期の間際に帰ってきて、報告 書を作って渡したことがあったが、できることなら、いつもそのように作業を したいと思っている。

そういうことで、少しは肩の荷が下りたかと思ったら、先ほど、代わりに58 ページもの暫定仕様書というのがFAXされてきた。プリントするだけで非常に 長い時間がかかったので、途中で居眠りして起きても、まだプリントしていた。 EPSONのPM-700CにFAXの内容をプリントアウトするようになっているのだが、 荒い印字モードですらそんなに時間がかかってしまった。これを、明日の午後 までに理解せよとかいうことで、また頭痛がしてきたので、これを書いて頭の 調子を整えようとしているところだ。

この様にして、原稿がどんどん遅れてしまったので、出版者の担当者は、しっ かり休みを取ってくれていた。なかなか先をしっかり読まれてしまって、何と かしなければならない。


さて、今は夏休みで、子供の勉強の面倒を見ろと妻に迫られる。家庭教師を 雇うほどの収入はないので、しかたなく朝まだ頭がボーッとしている時に数学 の問題集などを眺めるのであるが、さすがに頭が働かない。休みの始めころは 計算練習であったが、これが特に困る。頭がボーッとしているため、子供以上 に間違えてしまって、呆れられてしまった。

今朝は、図形の問題であった。図形の問題は好きではあるが、なんたって拘 束条件が多いのである。とにかく、学校で習っている範囲で解けという厳しい ことこの上無い制限を課せられる。ベクトルを使って解けば、ただ計算をする だけで確実に解けると思っても、そういうのは反則だということで、困ってし まう。じゃあ、アフィン変換しても性質は変わらないからということで、都合 の良い形状に直してからやろうというのもダメなのである。幾何学の色々な定 理を組み合わせたり、補助線の助けを借りてやれとは、朝飯後くらいではとて もできない。これでも、算数の時よりはだいぶ楽になったが、中学生の拘束数 学はなかなか難しい。

私も、子供のころには、あの程度の問題は出来たのであろうか、もう思い出 せない。学歴にも書いている ように、とても成績に偏りがあり、地元の高校には行かせてもらえず、わざわ ざ遠方の学校へ飛ばされる羽目になったのであった。


今週末には、本館のサーバーの引っ越しも控えている。それから、個人用の 旧マシンを少し増強し、ファイルサーバーに仕立て上げたいと思っているのだ が、これも延期のままである。その前に、またメモリとハードディスクを買っ てこないと作業が始められない。

ところで、もう1年半も前に、 『Linuxイン ストールキット』という本の読書感想文の中で、「パソコン1セット寄贈 してくれたら、是非本書のCDでLinuxをインストールしてみたいと思うのだ が、そんな奇特な方はいないだろうか?」と勝手なことを書いておいた。

そして、当然のことであるが、奇特な人は現れなかった。しかし、ついに古 いDOS/Vパソコンを寄贈してくれるという奇特な方からのメールが届いてしまっ たのである。まだ、どのようなスペックなのか細かいところは分からないので、 何に使うかは決めていない。最初は、いろんなOSでもインストールして遊ぶこ とから始めようかと思っている。FreeBSDはインストールしたことがないので、 一度経験しておいた方がいいかなとも思ってはいる。

486SXということは分かったのだが、できることならもうちょっと高性能な CPUに取り替えたいなとジャンク箱を漁っていたら、486DX2が1つ見つかった ので、これと取り替えようと思う。その他のことについてはまだ分からない。 こんど秋葉原なるところに行ったら、LANカードでも買って、ネットにつないで 遊ぶことを夢見ていようかな。

このDOS/Vパソコンの寄贈は、8月の下旬に行われることに決まりました。 とにかく、楽しみである。あ、肝心なことを忘れていた。奇特な方は、綿貫さ んという方なのであります。太っ腹ですねぇ。

でも、1つ困ったことがある。それは、 『Linuxイン ストールキット』が手元にないのである。遠方のパソコンマニアの知り合 いにプレゼントしてしまったのある。困ったな。


ホームページ目次前の話次の話