ホームページ目次前の話次の話

首相官邸は勤勉にあきれたページの監視を続けています

1998年8月19日

このところ、お出掛けが多くて多くて、何もできなくて困ってしまっている。 最近の記録を見ると、週に4日も出かけているので、本当に何もできない。昨 日はほとんど1日外出していて、メールもほとんど見ていなかったら500通ほ どたまってしまった。緊急のメールだけを整理していたら、それだけで約2時 間もかかってしまい、サンドイッチを買ってきて食べながら作業を続けてなん とか時間を工面するなんて哀れなことをやっている。

本日東京では地下鉄有楽町線が朝から全面ストップで、昼過ぎにやっと動き 出したようである。コンピュータのトラブルで止まったのであったが、詳しい 裏話はインターネット上で流れるものと期待している。

さて、この忙しさのため、JAVAをやる暇もなく、JAVAを忘れかける、あるい は憎き息子にJAVAのプログラミング能力で負けるという恐怖に襲われているの であるが、少なくとも息子に抜かれては困るので、また勉強を始めたりしてい る。それで、月曜の夜に、こっそりとネットワーク監視用のJAVAプログラムを 作り始めたのである。ネットワーク監視情報は、こっそり某所にファイルとし て集められていて、それを加工してHTMLを生成するPerlのCGIプログラムは別 の者が作ったのがあったのだが、とにかくHTMLファイルでは巨大になりすぎて 無駄が多いので、Javaで作り直す計画があったのである。

前々から存在しないと困るものであったのだが、やっと1000万ヒット本の原 稿が書き終わりそうになったので手をつけ始めたのである。CGIの作り直しと いうか、ほとんど削る作業だけだったのだが、1時間もかかってしまった。そ して、CGIの出力をJavaアプレットで受けるようにするのであるが、以前に同 様のことをしているプログラムをコピーして、不要な部分を削除していたら、 約95%くらい削除になってしまった。削除するより、始めから書いた方が早かっ た気がするが、もう遅い。

深夜にこっそり一人で作り、こっそりネットワークの監視グラフを表示する Javaアプレットを動かしていると、ついはまってしまって寝る時間がなくなっ て、朝起きられなくなって家族に嫌われてしまう。

久しぶりにJAVAをやったら、JAVA1.1に不馴れなことがあって、下らぬこと で引っ掛かってしまう。貧乏だから、当然JDKしか利用していないし、それも Linuxバージョンである。それでも、長い間に悪知恵だけは身について、たい ていのプログラムは何とかできるようになってしまった。まったく恐ろしいも のである。LISPの勉強を始めたいと思っているのであるが、その前に、JAVAを もっとやらなくっちゃあいけないかな。

そういえば、今夜は 『JAVAとパズルの世界』 の更新を増やして、もっと盛り上げねばという話というか、飲み会があったな。

ところで、1000万ヒット記念の原稿を書いていて、あれこれ調べ直していた のであるが、その中で、私のホームページ、とくに 『あきれたページ』(2002/1/31閉鎖)をしっかり監視 しているところを探していたら、ちゃんと有名なところがありました。なんと、 首相官邸であります。ほとんど毎日、勤勉にあきれたページを見に来ている安 定顧客でありまして、ヒット数の向上にも多いに寄与してくれているのである。

最初は、私のあちこちのページをさまよい、パズルのページで遊んだり、文 庫本の読書感想文を読んだり、私のプロフィールを熱心に読み、どんな馬の骨 か調べたらしい形跡も残っている。しかし、前橋本龍太郎首相と私の郷里は選 挙区としては同じであり、私の遠い遠い親戚、たんに藤原という郷里では最も ありふれた苗字が偶然に同じであるところのオジサンがなくなって葬式のとき に国会議員が何名か来る予定だったのですが、橋本先生はちょうと首相になっ たところで急に忙しくなって葬式には来てもらえなかったのであります。それ から、私めも、いろいろあって、その葬式には出席していなかったりするんで すね。だから、私の身元は地元ではバレバレなので、調べるまでもないと思う のであるが、やはりお役所というところは調べたがるようで、そういう行動も ちゃんと監視できる構造のプロフィールにしているのであります。

首相官邸のログファイルをちらっと見ていたら、普段は大変勤勉に『あきれ たページ』の監視をしているのに、7月12日以降の10日間ほど、アクセスがぱ たりとなくなっているんですね。監視はちゃんと継続的にやっていないといけ ないと思うのであるが、監視どころではない状態に陥ってしまったのでしょう か。それとも、何か別に原因があるかも。


ホームページ目次前の話次の話