ホームページ目次前の話次の話

年頭の辞:今年も適当にインストールしまくって行こう

1999年1月7日

これが今年の初回であるので、年頭にあたってと思ったが、既に勝手に1週 間が過ぎ去ってしまったことでもあり、そのようなことは考えるのも面倒なの でやめる。「今年も、適当にやっていこう!」というのを年頭の言葉としてお こう。そのへんに転がっているCDを、そのへんに転がっている見捨てられたパ ソコンに入れては喜んで過ごせたら幸せではないだろうか。Linuxにも多数の パッケージがあって、まだ試したことのないのも残っているので、それらをイ ンストールして使ってみるのが、とりあえずの目標かな。全部制覇するのは、 なかなか難しい。

この年末年始は、色々やることが急に増加してしまい、いまだにノルマの幾 つか(大部分かな?)は溜ったままであるが、新しいノルマがさらに飛込んで きそうで恐い状態である。(これをこっそり書いている間に、2つも用事が飛 込んできたのであるが、ちゃんと書き終えてから処理することに勝手に決めた。)

Java Paper Craft に書いていた右の3角パッチウサギを作成するのにこの正月を全部使ったと思 い込んでいる者も多くいるようなので、ぜひ誤解を解いておかねばならない。 絶対に違うのである。でも、弁解すればするほどますます誤解は増殖し、暴走 してしまう。

このウサギについては、PDFの展開図をもらって、それをプリントアウトは してみた。そして、展開図を地下室の床にに並べてみたりもした。それから、 A1くらいのプロッタを使って出力してみようかとも当然思ったが、まだ実行に は移していない。要するに、何もやっていない。暇ならやりたいのだが。

さて、この正月であるが、結局元旦だけは息子のコンピュータのキーボード も触らず、ちゃんといつものように寝正月をしてしまった。そして、その他の 日々は、時には地下室、時には三軒茶屋の怪しい部屋から作業をしていた。ま あ、作業以上に、まとまった読書というか、調査と言うか、普段の不勉強がた たって、不足の知識を入れる期間になってしまったが、予定のページ数を読む ことができず、いまだに50ページほど残っている。普段からちゃんと勉強して いればどうってことはないんだが。

まあ、正月も、結局いつもと何も変らない状態のままであり、ただ、メーリ ングリストの忘年会、プレ新年会(明日開催)、新年会(そのうち開催)など があるので、季節を感じることができる状態である。

さて、そういう間にも、ちゃんとボロっちいマシンのUnix化は着々と進めら れている。今回は、486ノートに何とかサーバーマシンとしての余生を送らせ ようとの計画である。液晶ディスプレイは、縦に何本か線が入っているが、まだ 何とか見えるので、サーバーにするには十分な表示機能を持っている。

この本館のウェッブサーバーとか、主宰者の知らぬまに盛り上がるメーリン グリストのサーバーとかで利用することも考えた。ノートなので、ディスプレ イは最初からついていて、プロバイダの内部に置くサーバーとしては、サイズ も小さいし好都合なのである。

しかし、さすがに486ノートにはきついかも知れないと思い、地下室内でそっ と使うことにしようとしている。以前は、Windows95で、プリンタを繋いでプ リンタサーバーとしてだけ利用していたのであるが、放置しておくと、1日も しないうちにだだをこねて言うことを聞かなくなるのであった。どうも、私や 周囲の人々の技術レベルではとうていWindows95で連続運転はできそうもない ので、とりあえずLinuxを入れて、ただいま調子を見ているところである。た だ、忙しいためか、ずっと調子を見ているだけだったりするのは悲しい。

明日は、プレ新年オフ会である。したがって、当然のことながら透明名刺を 持参しないといけない訳で、地下室でも現在透明名刺作成が行われている。 「Windows95で名刺作成にハマル」で使った ソフトで作成している。明日は、わざわざプレ新年オフ会の前に、わざわざ地 下室にプリンタ印字用のOHPシートを大量に持ち込んで印字、作成してから駆 け付けようという凝り性の人までいるようである。明日のことを考えると、ア ルコールが無くても頭がくらくらしてしまいそうだ。もう、この辺で書くのは よそう。


ホームページ目次前の話次の話