ホームページ目次前の話次の話

飲み会で東急バスカードをもらっちゃった

1999年2月27日

もう2月も終りである。やっと新年会が終わったばっかりだというのに、も う年度末が刻々と近づきつつある。つまり、仕事の締め切りが色々近づいてき ているという訳だ。

最近は、地下室に幽閉されているのである。 時には空気も吸いたいと思い、近所のコンビニまで食糧を買いにいったりもす るが、ほとんどの時間を太陽も見えない、大深度地下というほどではないが、 地下室で暮している。東京都内を移動するときも、この位置からだと殆んどの 場合地下鉄を使うので、殆んどもぐら生活である。

そういう訳で、できるだけ地上を歩いたりするように心掛けているというこ とはないが、25日は、地下室3連戦になってしまったのである。まあ、第1 戦は普段の地下室だから書くこともあるまい。

午後に高田馬場でミーティングということで出かけたら、地下のミーティン グルームに案内されてしまった。ミーテングルームというのは高いところにあ る場合が多いのであるが、外界の邪悪なものを見えなくして、会議のテーマに 集中できるように地下に設けられているのである。

地下室というと、ビリヤードを置いたりして遊技関係のことをする場所とか、 機械を置いて工作室にしてしまうとか、物置、本置き場とかを考え付くのであ るが、ミーティングルームが地階というのは想像していなかった。まあ、地下 室を飲み屋にしているところはよくあるが。

さすがそういう場所でミーティングしたら、テキパキとミーティングは進み、 夜の密会のある銀座に直行ではなく、一度普段の地下室に立ち寄る時間までで きてしまった。といっても、2時間ばかり地下室で時間を潰してから、夜の密 会にでかけた。

密会先は銀座である。なんと、ここは銀座のとあるビルの地階である。こん なところに飲み屋があるとは思えないようなところにある飲み屋で、色々な業 界と言おうか、これからあの業界、この業界を目指そうと言うような人たちと の密会である。

これは密会であるゆえ、透明名刺を配るの にとても適した会である。理系よりも、どちらかというと文系の人、そして私 より若い人が集まるので、なかなか話についていけない。が、最近は、そうい う世界の人もインターネットを使う人がいたりする。もうインターネットには まってしまってどうしようというような女子学生なんかもいて、なかなか面白 い。さすが、銀座の密会では、ハンドバックではなくリュックサックからハン ダごてを出したりする人は皆無のようで、私の存在は場違いのような気がしな いでもない。

昨日も、夜は飲み屋になってしまった。酒のことは良く分らないというのに、 「日本酒利き酒会」というのに呼ばれてしまったのである。当然利き酒をやる 羽目になった。4種類の酒が小さな器に入れられて、それぞれの器には赤や白 のマークがついていて、酒の種類が書かれている紙に、それぞれに該当する酒 の入っていた容器のマークの色を書くのである。

結果であるが、予定通り、見事なまでに全部を外してしまった。でたらめに 書いても1個以上当る確率の方が高いのに、大した腕なので、全部外したので ある。でも、大吟醸はうまかった。

そういう飲み会なのだが、招待客ということで金も払わないのに、自宅のあ る世田谷区を走っている 東急バスの人がいて、話をし ていたら 鉄腕アトムの絵 柄の東急バスカード3000円分を東急バスの人がいて、プレゼントされ ちゃいました。 バス停5秒のマンション住まいであ る当方にとっては、これは本当に収穫であった。飲んで3000円以上取られ るのはよくあるが、飲んで3000円儲かることは少ない。

そんな訳で、お出掛けが多くて、仕事が溜ってしまったので今日も地下室。 来る途中、出版社の編集の人に会ってしまった。そのあと、ちょっと買い物に でたら、また偶然会ってしまった。本当にこの辺は困った場所である。因に、 某出版社の雑誌編集部門も地下室である。

仕事を始める前に、最初のオフ会のデジカメのデータをフロッピーに入れた のを送ってもらったのだが、そのフロッピーを読み取ろうとしたが、まったく フロッピードライブが反応しない。フロッピーがおかしいかも知れな いとも思い、インストール途中のDebianで読んでみるとちゃんと読めてしまっ た。

ついに壊れたか、もらい物だけで組んでいるようなコンピュータだから仕方 がないか。と思って外蓋を開けて見たらびっくり。

フロッピーの電源ケーブルが外れている。前に、今では金持ちならゴミのよ うに扱うという1GBのSCSIハードディスクをもらって喜んで付けたときに、あ れこれあってフロッピードライブの電源を外したのであろう。追加したハード ディスクの動作確認だけはちゃんとして、その他の確認は何もしないでずっと いた訳で、フロッピーを使うまでまったく気が付かなかったのである。

今日は、101キーボードを1つもらっちゃった。Debianをもらったコンピュー タにインストールしようとしているので、さっそくこれにつけてみたら、ちゃ んと動きますね。このコンピュータには、どんどん格下げされて、ついに白黒 ディスプレイが接続されてしまった。カラーディスプレイは高くて大きくて買 えない置けないという状況である。サイズはなんと10インチで、腰に力を入れ なくても楽に持てるので、とても便利である。もちろんカラー液晶あたりが良 いのであるが、貧乏には、10インチ白黒ディスプレイが似合う。

とにかく、いろいろなもらい物は続いていて嬉しい。 まったく乞食そのものである。

今欲しいもの、う〜ん、72ピンのSIMMだろうか。


ホームページ目次前の話次の話