ホームページ目次前の話次の話

オフィス引越繁盛記/メーリングリストマシンがやっと交換か

1999年3月27日

この「パソコン生活つれづれノート」では引っ越しの話が非常に多いので、 私を引っ越し魔のように誤解している者も居るかも知れないが、私は引っ越し は嫌いである。なんたって面倒くさい。しかし、また引っ越しを強要されるこ とになってしまった。

今回の引っ越しは、地下オフィスの引っ越しである。地下室は新宿区内とは 名ばかり場所、一応山の手線のかなり中心部なので、さぞや大都会だろうと誤 解する者が全国津々浦々に居ると思うが、東京は山の手線の駅付近が繁盛して いるが、そこから外側にはずれるのはもちろん、内側に外れてもたいして繁盛 していないところが多くある。

地下室は、東京都新宿区にあり、都営地下鉄新宿線の曙橋駅から程近いとこ ろにある。偶然、技術評論社という 偶然私が知っている出版社もある。地下室から、技術評論社の地下室までは非 常に近く、何かあったらメールを出すより歩いて行った方が早いくらいの距離 である。しかし、あまりにも近いので、原稿の催促も、ちょっと買物に行った 近くのコンビニで編集部の人にバッタリ会ってしまって、原稿の締め切りを伸 ばしているので見つからないように小さくなって買物をするとか、なかなか不 便なのである。

ということでもないのだが、上の方の階から、オフィス移動の連絡が何の前 触れもなく突然やってきた。3月の初めに地下室の撤去が決まったのである。 せっかく地下室秘書を1名雇って、これから地下室も華やいでくるかと思った のに残念である。地下室秘書は4月1日より正式採用ということになっている のだが、地下室は4月2日に移転してしまうので、たった2日間の短い秘書に なってしまう。地下室秘書募集ということで応募してもらったのに、たった2 日間の社員生活になってしまったのは、秘書の責任でもなく、私の責任でもな いことを明記しておこう。誰の責任かというと、それは社長の責任であろう。

で、逃げ出し先はどこかと思いきや、やはり曙橋駅付近になった。しかし、 技術評論社からは遠い側になった。遠い側の方が部屋代が安いのが原因であろ うか。2度ほど新しいオフィスに下見に行ったが、窓からは三島由紀夫が割腹 自殺をした自衛隊の市ヶ谷本部が見下ろせるところである。

今の地下室は20坪しかないのであるが、電気を増強してエアコンを除いて 120Aまで使えるようになっている。坪当たり6アンペアなので、インテリ ジェントオフィスと言って高い部屋代をふんだくっているところよりは遥かに コンピュータを使う人にとっては便利になっている。4月になると、この部屋 を出ていく訳だが、いまのうちに連絡してくれれば、ふんだんに電気が使える 設備を無料で次の入居者に引き継ぐことも可能です。 詳しくはこちらを見てください。(終了) 入居者を紹介してくれた人には、PC-Unixパソコンをプレゼントしま〜す。

ということで、25日ころから本格的に引っ越し作業の準備が始まった。地 下室だけでなく、他も引っ越しするのだが、インターネット/イントラネット はもちろん電気などすべての面倒は地下室が手配することになっているので大 変である。オフィスの引っ越しだというのに、引っ越し決定から引っ越し日ま で1ヶ月も無いというのは相当の無茶である。夜逃げに近いものがある。専用 回線の移転など、早めに連絡しないとダメなものもあるし、新オフィスはまた また派手に電気工事をするので、ビル全体の電気も止めなくてはならない。だ から、電気工事日の余裕も全然ない。電気工事は、曜日の都合で、今日と明日 の2日間で行うしかないのである。もう、引っ越しデスマーチである。

しかし、この引っ越しのどさくさの間に、いままで忙しくて延期していた メーリングリスト用のマシンがすねちゃって、調子が悪くなってしまった。 原因はエラー情報から分っていたので、ずっと前から別のマシンを用意して、 1日10万通のメールもなんのそのというレベルに調整済であった。

メーリングリストのマシンは、世田谷サーバーセンターというプロバイダの 本社オフィスとは別のところにあって、現在、世田谷サーバーセンターからマ シンを外して世田谷は三軒茶屋駅上の怪しい一般人には参加させないプロバイ ダへ持ち込んで、ただいま付け替え作業中である。

このマシン、メーリングリストのオフ会でプレゼントされた物をベースに組 み立てたものです。だから、たくさんプレゼントされた方へは早く届き、そう でない人にはそれなりに届くように調整されてしまったかどうかは私が管理者 ではないので分らない。なお、OSのインストールは、地下室秘書の手によって 行われました。

ただいま、地下室秘書も一緒になってマシンの調整を行っているようです。 世田谷サーバーセンターへ持っていき、万一何事もなくメーリングリストを再 開できたら、世田谷区の何人で食べても500円のサラダバーでメーリングリスト マシン置換成功祝賀会をするのである。

さて、どうなるだろう。それにしても、この引っ越しデスマーチの間に、メー リングリストのオフ会として、関西オフ会と花見が行われる。まったくとんで もない連中がそろったメーリングリストである。


ホームページ目次前の話次の話