ホームページ目次前の話次の話

COM JAPANのセミナーで突如紹介されてあたふた

1999年11月4日

最近、どういう訳か会社員なるものも珍しくやっているので、会社で健康診 断なるものが催された。本人は若いつもりであったのだが、弱年組には入れて もらえず、生活習慣病を検査するという壮年組に入れられてしまった。

まだ息子には負けてはいけないと思って、久々にJavaの本をこっそり読み始 めたりしているのであるが、気だけ若くてもだめなようである。1日100ペー ジ以上読むのはなかなか苦しいのである。上下に分かれた本を、ちょいと読も うと思って先週末に買って、既に4日が経過したのに、400ページまでは読 み進んでいない。読書力も衰えてしまったか。

さて、健康診断であるが、いままでは健康診断をやるような会社に勤めたこ とがなく、まともな健康診断は初めてである。健康診断へは行かなくても、何 かの時についでに調べてもらうというのは今までにも何度もあって、まあそれ なりに健康は保っていた。というか、疲れたらさっさと寝てしまうという健康 法を守っていただけである。あと、努力はやめよう、せいぜい努力しないで済 むように勉強なり、情報集めなり、裏人脈作りなり、その他もろもろのことに 精出した方が楽ができるのではないだろうかというのが健康を保つ方法であっ た。

しかし、それも難しいことがあった。1日に2回、新幹線に乗って出かけな ければならないような飛んでもない時期があって、そのときはさすがに疲れて しまい、その後しばらくはペースダウンして仕事をしていた時期もある。まあ、 無理はしないのが一番である。

で、健康診断だが、時間があるだろうと思ってパズル本を持っていってせっ せと解いていたのであるが、頻繁に呼び出しをくらってのんびりとは解かせて もらえなかった。こんなことをやっているから、当然視力は悪いかと思ったら、 予想外に視力が良くてアゼンとした。まあ、Cの切れている方向をいうのだが、 ぼやけていてもどっちの方向の濃度が薄いかを見て答えていただけである。こ んなんでいいのだろうかと思ったが、いいのであろう。

バリウム飲まされて胃の検査をするのが大変である。だから、これだけを受 けない人は大勢いるのだが、一応受けてみた。医療画像処理の分野であるので、 検査されるよりも、どういう検査機器が使われているかが気になってしまうの は困ったことである。ケーキ食べ放題オフ会なんてやっていたから、胃は大丈 夫であった。血圧も、その場で適正過ぎると言われてしまった。

というわけで、2時間半くらいかけて終ったのである。当然オールA、健康 そのものと思っていた。確かに、タバコは煙からも逃げるような生活だし、酒 も日常は一切飲まないので、Aが一杯並んでいた。が、1箇所×だった。困っ たものだ。昔病院で言われたところが、しっかり出てしまっていた。検査結果 の正しさを認識した次第であった。

という訳で、朝から何も食べていなかったので死にそうであったので、皆で 遅い昼飯を食べに近所の食堂に入った。腹が減っていたので、体に悪そうなカ ツ丼を食って会社に戻った。

その後、どうも体調がおかしい。慣れない健康診断をしてしまって、健康を 害してしまったようであった。ディスプレィの前でボケーッとしていたのだが、 諦めてさっさと帰ったのはいいが、今は不景気なのか夕方まだ早いというのに 夕方のラッシュに重なってえらい目にあってしまった。慣れないことをしない のが一番だというのを認識した健康診断であった。

さて、今日は、仕事もやめて、遠い遠い海の向うにある東京ビッグサイトで 行なわれていた COM JAPAN 1999 へ行ってきた。コンピュータ関係のショウへ は行かないことに決めているのだが、関係者が講演するというから、どんな好 演するかと聞きに行った。まだ時間があったので、展示会場をつまらなさそう に歩いていたら声をかけられてしまった。何と、今日講演する会社の人であっ た。まあ、だいたい何時もこういうことになってしまう。

アンケートに答えて何かをもらうなんてのも面倒なので、何もせずふらふら と歩いてそれでも時間が余ったので、『都鳥ゆりかもめサブレ』なんてのを買っ て暇を潰した。それでも時間があったので、もらった新聞などを読む。すると、 『お菓子フェスティバル'99』なるものがあるのを見つけるが、11月12日から 3日間というのを見て残念と思っているうちに時間がやってきた。

こっそりセミナールームに入っていたら、しっかり講演者に見つかってしま い、あれこれ、人を紹介されてしまう。おちおちセミナーにも行けやしない。 まあ、このセミナーも、召喚されて行ったのであるから無料なんだが。

講演の方はそれなりに色々ありながら進んで、終った。終ってから質疑応答 があって、という風に進んでいたのだが、怪しいことを講演者が話しだした。 誰かを紹介しようとしている様に聞こえるのである。と思っていたら、どうも 私を紹介しようとしている。困ったものである。で、質問者の答を自分で答え ずに私に振ってくれてしまった。参ったねぇ。ラフな感じの講演会などでは良 くあることだが、今日はラフでない講演会ということで安心していたのだが、 そうも行かなかった。

これから講演会などへ行く時には、しっかり変装などしなければならないの だろうか。


ホームページ目次前の話次の話