ホームページ目次前の話次の話

娘は登校前にFTPするようになってしまった

1999年11月13日

最近、やっと気力もとりもどし、Javaの手習いを再開したりしている。なに しろパソコン初心者なので、インターネット上に転がっているという豊富な Javaの情報を利用して勉強することがなかなかできないのである。電車などで 遠方まで出かけたりすることも多く、そのため薄めの本でもと思って、英語で は1冊なんだが、訳書は上下2冊に分かれているような本を読んでいたりする軟 弱者である。

それでもなかなか重く、斜め読みで誤魔化そうと思っても、なかなか読めな い。最近やっと下巻に入ったところである。まあ、こんなにゆっくりしたペー スで読んでいては、本を読む速度よりJavaのバージョンが上がる速度の方が上 回っていて、勉強すれども離される一方と言う落ちこぼれになること確実であ る。私のような万年初心者には大変な時代になった。 初心者が互いに慰めあうメーリングリストもあるが、 初心者の詳しい意味についてはメーリングリストに参加されるのが一番であろう。

それなのに、私のところで、Javaの仕事をしませんか、という仕事が次々と 舞い込んでくる。私はパソコン初心者で、当然Javaも初心者だと明言している んだが、どうもそう思ってくれない人が多くて困る。JVMは作っていないし。。。。 LinuxやJavaの本を入手したり、あるいは勝手に送って来られたりするので、 本箱に積読しているだけであり、ときに魔が差して読んだりするくらいである。

Javaの勉強再開は、せめて息子には負けないようにしないと、家庭での立場 が現在のゼロからマイナス∞になりそうなので、こっそりと再度勉強を始めよ うとしただけのことなのである。ただ、家に持ち帰ってしまうと、息子に見つ かってしまうことがあり、こっちが読んでいない部分を先に読まれてしまうこ とがあり、それでは戦略が台無しになってしまう。こんなところにまで気を使 わないとならない初心者なのである。

それなのに、息子は学校の帰りに書店で立ち読みで知恵をつけているようで、 困った奴である。まあ、私も高校時代、岡山市にいたので、丸善に行ってさん ざん立ち読みをしたので、このような状態も仕方がないかとも思っている。

息子は、こうして困った世界を覗くようになってしまい、父親がいかに仕事 をしていないかを理解できてしまうようになってしまった。せめて娘の方には この世界に手を出させないようにと思って、ずっとパソコンを買ってやらなかっ たというか、買うほどの金持ちではなかったのである。でも、仲間の多くがど うもパソコンを持っているようなので、結局この春、ジャンク品、貰いもの、 安く譲り受けたものなどを中心に何とか作って、渡しておいた。

それが、先日、こともあろうに、ホームページを置きたいと言ってきた。ま あ、メールアドレス位はと思って以前に作っておいたのだが、どうも最近はあ ちこちとメールで連絡しあっているようで、家の電話代は莫大な金額に登りつ つあり、専用線か何かに変更しなくては自己破産するのではと恐怖におののい ている。

さて、娘のホームページについてだが、どうしてもメールアドレスと同じド メインのところに置きたいと無理なことを言う。一応、藤原さん家用にとった ドメインであり、メールだけは動くようにしていたのであるが、ウェッブサー バも動かせという。面倒だから、Appacheのインストールをさせようかと一瞬 思ったのだが、娘に藤原さん家サーバの管理者なんてやらしたらサーバまで娘 の制御下になってしまうことが確実で、これだけが最後の砦みたいなものだか ら、娘の小さかった頃を知っている人に頼んで入れて貰った。

サーバの一部の変更は、一応戸主である私が慣れない手つきで変更したが、 それでも変更できてしまったようで、その後も動き続けているようである。

サーバの準備ができてから、夜こっそり家に帰ったら、娘が待ち構えていて、 ファイルの送り方を教える羽目になってしまった。直接 ftp コマンドで転送 すれば充分ではないか、あまり便利なものを教えるとろくなことにならないの ではと思ったが、フリーのftpソフトを取ってきて、とりあえずできたという HTMLファイルを1つアップした。いくつもアップするのは面倒なので、後は娘 に同様にやればできるということで勝手にやるように、分からなければ調べる ように、それでも分からなければ諦めるようにと言っておいたのだが、どうも その後も勝手にアップし続けているようだ。

学校でも最近はコンピュータの授業があり、インターネットにも繋がってい るようで、くだらないコンピュータの授業だと、その間にメールを出したり、 FTPで巨大なファイルをダウンしまくりを皆やっているらしい。授業中に個人 のホームページをどんどん作るようになってしまうとまずいし、それに娘の行っ ている学校はインターネット的にヤバイところなので、その学校から ftp や ら telnet ができるようにサーバの設定をするなどできる訳がない。家から やられると金がかかるが、成績が落ち過ぎて落第してしまってはもっと金が かかるので、家からはできるように設定しておいた。

FTPを教えて3日目位の朝、食事が済んで学校へ出かけるまでの短い時間に FTPでアップしてから出かけていった。ルータと娘のコンピュータは、必要な ときだけケーブルを繋ぐようになっているのだが、そんな面倒なことまでやっ てから出かけていったのである。世間の娘たちは朝シャンプーしたり化粧をし たりするというのに、お出かけ前にFTPとは、もう終りであろうか。

娘のホームページがどこにあるか、ということはとても教えられな〜い。 分かる人にはすぐ分かるところに置いている。


ホームページ目次前の話次の話