ホームページ目次前の話次の話

新年早々透明名刺を配り、SCSIを潰してしまった

2000年1月11日

新年明けましておめでとうございます。本年もここで暇潰しですかねぇ。

正月は、皆さんいかがお過ごしでしたでしょうか。コンピュータ屋さん、イ ンターネット屋さんとかは、例の2000年問題で会社で、コンピュータ室で、あ るいは電話番などをしながら迎えたのではないかと思います。

私のようなパソコン初心者は、まあ居ても何もできないと自分で判断し、さっ さと逃亡したのでありました。しかし、連絡だけはつけられるように、指示判 断はできるようにということで、遠方へ逃げたものの、やはり連絡は入ってし まったのである。でも、まあ、重大なことが起きた訳ではなかった、と言いたい。

実は、2000年を過ぎて確認したら、どうもメールが流れていないのが発見さ れ、これは2000年問題ではないかということでしっかり対応しなければいけな いのだと担当者は調べ始めたら、なんと2000年より前に止まっていたのであっ た。486マシンの1台が大晦日に調子が悪くなっただけであった。ただただ物騒 がせな時間に停止しただけに過ぎなかった。

これを期に、そろそろ486マシン中心のサーバ群というのは、そろそろ順次 入れ換えることを考えた方がよいのかなと思い始めたところである。世間の会 社では、まだまだ486マシンあるいはそれと同程度の性能しかないが、購入し た当時はとても高価で、だれもが憧れるようなマシンで動かしているのだろう か。それとも、さっさと、最近の高性能なPC-Unix系に蔵が替えしているのだ ろうか。そろそろPentium75MHzのマシンで捨てたい人はでないのであろうか。 できることならちゃんとしたDOV/Vマシンなら嬉しい。もちろん、もっと高速 なものでも我慢するので、是非連絡を。

さて、正月は、今年は礼儀正しく高校の同窓会にも出席してきた。まあ、う ん十年ぶりということで、さすがに男女みんな相当経年変化していた。それで も、仲の良かった人とか、気にかけていた人とかはすぐわかるが、そうでない 人は全然わからなかった。

いちおう、ウケを狙って、その日だけ使えるという日付入り、ついでに校章 入りの透明名刺を作成して配った。これで、岡山県地方にも透明名刺が少し流 れたであろうか。

プロフィールにあるように、私は地 元の高校には行けなくて、岡山市内の高校へ、かろうじて空けていてくれた門 外漢のための試験を受けて、なんとかもぐり込んだのであった。これがどんな こどであるかは、岡山の人なら理解できるであろうが、他県の人に理解できな い複雑怪奇な制度があるのである。横溝正史の世界もある位のところだからねぇ。

ついでに、メーリングリストの同窓会ぢゃなくって、オフ会もやってきた。 岡山市内の県立普通科高校卒業生全てを対象にしたメーリングリストのオフ会 であったが、まあそれはそれ、こじんまりと岡山駅の片隅みたいなところへ集 まって飲食したのであった。

そんなことでこの正月は過ぎていってしまった。新幹線の中で、つい仕事関 連の本を読もうと思って持ち帰ったのであるが、途中まで読んだところで、読 むに耐えないというか、こちらが望んでいるのとは全然違うことを中心に書い ていることが分かりがっくりして、岡山駅を出る時に、気分転換できる本はな いかと思って、群ようこの『十五年目の玄米パン』を買って新幹線の中で延々 と読んだ。

2000年早々、得意でないドキュメント作成などが山積みである。プログラム を組むくらいなら私のようなパソコン初心者でもなんとかなるのだが、Wordや Excelなどでドキュメントを作るとなるととても疲れる。Windowsが載っている ようなパソコンで私ができることといえば、せいぜいブラウザでさ迷うことで ある。

昨日、休みであったのだが、溜った仕事を片付けようと出社したら、ついマ シンを入れ換えることになってしまった。といっても、1メートル程度移動す るだけという簡単な作業である。少なくとも、どう考えても簡単な作業のはず であった。

ケーブル類を一応外して配置し直し、ケーブル類を前とまったく同じように 接続した。そして電源を入れたのであるが、どうやってもSCSIが動いてくれな い。たったこれだけの移動でSCSI装置が壊れたのかと、かなり青くなった。で も、そんな馬鹿なことはないと確信していたのだが。

少しずつ外して、どこまでOKで、どこから駄目かの確認にかかった。SCSIカー ドから先を全部外せばマシンは立ち上がった。スキャナとCD-Rが繋がっていた のであるが、スキャナだけを繋いだときには動いた。ということは、CD-Rが壊 れたのであろう。

そう思いながらいたら、なんとSCSIケーブルのピンが、ぐちゃと曲がってい るのが分かった。これじゃあ動く訳がない。簡単な移動だけなので、10分もあ れば終ると思っていたのに、1時間しても終らなかった。おかげで、昨日書く 予定だったこのつれづれノートを今日書いている。 ピンの方は、私ではなく、直しの専門家が伸ばしたので、たぶん大丈夫だと思う。

年始めからこんなドジなことをやっているくらいだから、今年もこのページ のネタには困らないようである。喜んでいいのかなぁ。


ホームページ目次前の話次の話