ホームページ目次前の話次の話

娘は毎日毎日異なるLinuxのインストール三昧

2000年2月9日

このところ、体調が悪い。WindowsでWordを使っているのだが、Muleに慣れ た初心者の体には、どうもWordのように重装備のシステムは馴染めない。ああ いうので文章とか、表とか、図をすいすい仕上げていくのがプロというのであ ろう。まあ、このぶんでは、私はまだ当分初心者を続けるしかないようだ。

昨日は、ずっとExelを使っていた。よく使い方は知らないが、数値をちょっ と変えればそれに応じてあちこち計算し直してくれて、この仕事は大赤字とい う結果が出てくる訳である。ここでいくら頑張っても、バグ1匹入れるか入れ ないか、使うソフトウェアに重大なバグがあるとか、時にはそのソフトを出し ている会社が空中分解するとか、どこかの会社に吸収されるとか、会社は大丈 夫でも、開発者は全員いなくなってしまったとか、こういうことが頻繁に起き る時代である。計算も重要だが、そういう阿呆らしい事件に巻き込まれないこ とが何より重要である。

この業界に入って、既に、ん十年経過してしまったので、まあ以上のレベル 程度のことには十回位は遭遇してきたかな。まあ、平凡な、同じ日の繰り返し というのがなくて、惚けなくて良いかも知れない。

さて、子供たちは、そろそろ学校が休みになってきたようである。授業料を ちゃんと納めさせられたというのに、もう休みとは割に合わない気がするが、 既に受験シーズンとかで、休みにしないといけないらしい。

となると、家でパソコンをいじったりする訳である。娘の方が先に休みに入 り、最近は自分のパソコンに、色々なLinuxを入れて楽しんでいるようである。 ずっと昔、といっても去年の5月にPlamoを入れて渡しておいたのであるが、 当然、親がインストールしたものは気に入らないときている。誰に似たのであ ろうか。

休みになってから、どうも毎日インストールをやっているようなのである。 どうしてなかなか済まないのかな、と思っていたら、毎日違うLinuxのディス トリビューションを入れているようなのである。以前、暴走ペンギンを息子の 年期の入ったパソコンに入れようとしたのだが、ちょっと性能が低過ぎて、暴 走できる状態にまでいかなかったので、結局息子はLinuxを入れるのまで止め てしまった。息子がLinuxをやりだすと、ちょっと恐ろしいものがあるので、 とりあえず安心というものである。Plamoあたりであれば、充分使えると思っ てはいるが、教えないことにしておこう。

さて、娘の方だが、今朝も勝手にインストールしていたので、ちょっとベッ ドで横になっていたら、叩き起こされて、インストールを手伝わされてしまっ た。朝のインストールは辛い。インストールはやっぱり夜、皆が寝静まった頃 にやるのがベストのようだ。

一応、何度もやっただけあって、ごちゃごちゃとメモが5万円のカラー液晶 ディスプレイに張り付けてあった。今日のインストールは、Vineであった。こ れは私は普段使っていない代物なので、詳しいことは分からぬが、まあ、それ は初心者なので、適当にやるしかない。だいたい何が表示されていても、読ま ずにEnterを押してしまうのである。娘にも、その癖がついてしまったようだ。

ネットワークカードのところで、娘のいう通り、ISAのNE2000コンパチを選 択すると、「そんなカード入っていない」とインストーラは文句を言ってきた。 まあ、私が渡したネットワークカードなので、安物のNE2000コンパチに決まっ ているのだが、どうも間違えてPCIのを渡してしまったようである。実際、PCI のNE2000コンパチを選んだら、ちゃんと先へ進めた。

さて、そうやって、後は娘のいう通りにやると、一応インストールも終って、 ちゃんと動くようになった。まあ、娘がLinux上でやりたいことは、Netscape を使うことと、GIMPを使うことだと思う。まあ、今のところ、娘はGIMPは Linuxでなければ動かないかと思っているようなので、無理にWindowsで動く GIMPの存在など教えていない。まあ、そのうち気がつくかもしれないが、とり あえずそっとしておこうと思う。せっかくLinuxインストール遊びに熱中している のに、水をさすような真似はできない。

こうやって、朝からインストールにつき合うと、娘も気を使って、コーヒー を一杯入れてくれる。インストール代がコーヒー一杯とは安いと思う。それに、 入れてくれたといっても、作っているコーヒーを、私のカップに注ぎ直しただ けなのである。

さて、ネットスケープを立ち上げたのはよいが、外部に繋がらないと、また 騒いでいた。で、ちょっと調べたら、DNSが設定されていないからであったが、 さて、DNSのIPアドレスは何だったっけ。外に一旦繋がれば、そんなの調べる のは簡単なのであるが、このマシンでは調べられないので、妻に取られたノー トで調べようかと思ったが、そんな怖いことはできないので、すでに学校へ出 て行った息子のパソコンでちょっと調べてIPアドレスを控えてから、娘のコン ピュータに設定した。

この暗号4つの数字を . で繋いだものを入れないと、外へは出られないので ある。この暗号は秘密だから、決して人には漏らさぬようにと、JPNICあたり で調べれば簡単に分かるDNSをそのまま入れた。まだ、DNSの意味を知らないよ うなので、何を言っても大丈夫のようである。

昨日、 "RUNNING LINUX (英語版)" が帰ってきたので、Linuxを使いたかった ら、これが一番良い本である。これさえ読めば、他は読まなくて良い、と教え ておこうかどうか悩んでいる。あちこち摘み読みされただけでも、こちらの無 知とか、嘘八百教えていたことがバレてしまうかも知れないのである。

それにしても、娘のホームページのカウンタが勝手に上がっている。娘の先 輩のページなどよりかなりハイペースである。それに、色々メールも受けとっ ているようで、娘が自慢げに見せてくれた。国会議員もいれば、私の先輩もい れば、もちろん全然知らない人もいた。これは、公開メールアドレスの方に来 たやつである。

なお、娘のホームページへのリンクは、適当なところに入れているから、ど うしても見たいという人は勝手に探してね。


ホームページ目次前の話次の話