ホームページ目次前の話次の話

再び地下室に幽閉されることになってしまった

2000年3月25日

今朝、246(国道)を歩いていたら、目の前で交通事故が起きた。車の流 れなど普段は見ていないが、ドーンと大きなおとがしたので、その方向を見た ら、目の前で事故発生である。世田谷あたりの246は混雑していることが多 く、渋滞に近い状態だったので、事故といっても大破という程ではない。のろ のろなので車線を変更しようとおもった馬鹿がいて、前の車の尻にぶつけたの であった。ただし、その相手がベンツであった。「どうせぶつけるのなら、も うすこし安い車にぶつけた方が」と思ったり、「いやいや、ベンツだからぶつ けたのかな」とか思いながら歩いて横を通ったら、ベンツのフェンダーが道に 落ちていた。

やれやれ、今日は朝から変なものを見てしまった。何か良くないことでもあ りやしないか。というより、毎日がろくでもないことばかりなので、何が置き ても最近は平気になってしまった。まったく良くないことである。 そうしたら、飛んでもないことが、本当に確定してしまっていたのである。

こんどは地下室に幽閉されることになってしまっ たという話があったが、なんと、この4月から再び幽閉されることになっ てしまったのである。次は懲役何ヶ月かな、それとも何年かな。

ことの成行きは、前回の話の延長のようなものである。某社の某チームは、 真っ昼から、人工知能研究のためとかいって会社の会議室を長時間占拠し、実 はパズルの研究会を開いていたりするのである。確かに人工知能とパズルは紙 一重であるが、堂々とそんなことをやるのは、某省の元研究所長の研究室とか くらいであり、そういうのにあやかろうということで昼間からパズル三昧して いるのかどうかは知らないが、とにかくパズル勉強会を開くのである。

まあ、こういう連中がゴロゴロいて、JAVAプログラマとか言っているが、実 際はパズラーではないかと思われているのである。まあ、社内の人間にこうい う姿が見られるのはどうということはないのだが、こういう姿を、取引先、さ らには銀行などに見られると、「ここはいったいどういう会社かな?」と思わ れることは必至であり、これではいけないということで、再び元の地下室に幽 閉されることになったのである。一度逃げ出した地下室に再び幽閉されるんだ から、まあ飛んでもないことになったものである。しかし、とんでもない連中 は、「パズルをやりたいから、金を貸してくれ」と銀行に行ったのだから、た いしたものである。この世は、このくらい非常識でないと会社も成長しないら しい。

さて、この地下室、当然のことながら、まだ机もなければ、電気も、電話も ない。幽閉なんだから当然であろうが、一応幽閉開始は4月からであり、恐ろ しき幽閉の準備は現在着々と行なわれれているのである。いったいどうなるの かはまだはっきりしない。とりあえず、それではあまりにも可哀想ということ で、アナログの電話線を1本だけ引いてくれることになった。

さて、世の中、卒業、入学、入社、転職のシーズンである。ということで、 某社もその例にもれず、入社してくる連中が何名かいる。私と同じ場所で、つ まり地下室でいっしょに幽閉生活をしようという奇特な者も何名かいる。この 部屋へ入れられたら、なかなか出られないのである。まず、Javaができないと いけない。それから、パズルもかなりできないと駄目である。その他にも、デー タベースとか、英語とか、さらに多数の関門というか、拷問が待ち受けている 部屋なのである。

パズル勉強会というものに強制的に出席させられて、難しい問題を無理矢理 解かされたりするようなのである。

某社にも、こうして何名かが入るのである。最初から幽閉される人、幽閉さ れない恵まれた人など色々であるが、人が増えるようであり、記憶容量の少な い当方としては、名前と顔の繋がりがさっぱり分からなくなりそうである。と いうより、すでに充分そういう状態になっている。世間の人々は、どういう風 にして記憶しているのであろうか、記憶力に乏しい頭しかもっていないので、 なんとかコンピュータの助けを借りている身としては、人を覚えるのは難事業 であり、拷問みたいなものである。

さて、ちょっと某社のことを書いておこう。ここは、面倒臭いことは嫌いな 会社とみえて、通年採用しかしていない。要するに、誰であろうと、良さそう なら採用だし、駄目そうならボツというやりかたである。求人広告もWEB以外 は一切していない、まあケチな会社である。なのに、もう来年の就職希望者が 来てしまった。そういえば、大学生の就職活動と言うものは、当然1年前が最 後の勝負で、それ以降はろくなのがないという話を聞いたことがあるが、本当 にそういうことらしいというのを実感した。

ところで、皆はどういう理由で就職先を選んでいるのかなぁ。私なんか、今 まで一度も就職試験というものを経験していない。あやうく捕獲というか、拿 捕されそうになったことはある。なので、就職とか採用とか、そういうことは さっぱり分からない。

しかし、新人君には、やはり色々期待してしまう。できることなら、私より コンピュータに詳しいとか、当然英文の技術書は読めて、TOEICも600点は取っ ていて欲しいものである。指導するのは面倒だから、何も指導しなくても、金 をしっかり儲けてくれて、私はパズル三昧とか、折り紙三昧とか、バックギャ モン三昧していても充分な生活ができるようにしたいと企んでいるのだが、な かならそうはならないようである。

それにしても、仕事というのは文書を書く作業が多い。生まれながらに 作文は大の苦手科目である。誰か、 ドキュメントを書くのが大好きな人いませんかね。パズルが好きで、ドキュメ ント書くのが好きな人がいたら連絡して欲しいねぇ。一緒に地下室に幽閉され てみませんか。


ホームページ目次前の話次の話