ホームページ目次前の話次の話

東京での散歩の友にはGPSがないと迷子になってしまう

2000年9月15日

某社では、まだ人が増えるらしい。そのために、地下室に2つ机が降って来た。 あまり広くもない地下室に新たに物を入れるとなると、それこそ倉庫番状態になってしまう。 結局プリンタなどを載せているラックを奥の方に移動するしかなかったのであるが、 向きを考えて、部屋の中で何度か切り返しながら目的地まで移動することができた。

人は月曜日から降って来て、ついでにコンピュータやら、その他付属品も 降って来るであろうから、地下室に納まるかどうかかなり不安がある。

ところで、今日は祭日であるということを、つい昨日発見したのであった。そういう訳で、 今日は買物などもしたい気分だったが、もう9月も半分過ぎ、仲秋の名月も見え なかったが過ぎ、散歩してもいい季節かなと思いちょっと挑戦してみた。

先週の日曜日には、散歩娘が一緒だったので、渋谷からちょっと青山の方に行って、 それから原宿に出て、結局渋谷に戻ったのであるが、ほぼ4時間、裏通りばかりを 散歩娘の案内で回ったのである。

東京というところは、とにかく関東凸凹平野に位置しており、東京に出て来た頃、 これが関東平野とは、学校で教わった地理の教科書は大嘘つきと確信を持ったのであった。 でもまあ、その後、埼玉東部とかへ行ったら、確かにぺっちゃんこであり、 このあたりのことを関東平野というということで納得はできた。

という訳で、渋谷は渋谷村と言われているとおり、谷底であり、雨が降れば 簡単に水没するところである。そのためか、水に弱い地下鉄は3階に駅がある。 もうちょっと水に強いと思われるJRは2階に駅がある。しかし、後からできた 地下鉄は、ちゃんと地下にあるので、大雨のときにどうなるのかは知らない。 最近は通勤コースにもなっていないので、まあどうでもいいや。

青山であるが、ここは当然「山」である。原宿あたりは全体が斜面みたいなところである。 そういうところの路地裏を徘徊するのであるから、本当に起伏が激しく、数時間の散歩 というのはかなりな運動量である。しかし、娘は、雑貨屋があるとなると、その店に入り、 階段の上り下りなどもするので、まあ、東京雑貨屋めぐりというのは、アスレチック みたいなものである。

さて、本日であるが、昼頃までふらふらと散歩でもと思って適当に東の方に 向かって歩こうとした。良く知っている道は迷いようがない。しかし、散歩と いう以上、大きな有名な名前がついた片側2車線以上もあるような道路を歩いて、 しっかり排気ガスを吸うというのは面白くない。

もう東京も20年以上になるので、適当に歩いてもどこか適当な地下鉄の駅には たどりつけると自信を持って歩いたのである。まあ、今度地下鉄が開通するあたり でもと思って散歩したのであるが、そのあたりは不案内な処であるが、 散歩する以上そういう所でないと興味が湧かない。

そいう訳で、麻布のあたりから三田のあたりを、裏道を通って散歩しようとしたのである。 東京の裏道は、まっすぐな道はほとんどない。適度に曲がりくねり、自分がどっちの 方向に歩いているのかさっぱりわからなくなることが多い。道は十字に交差することは まれであり、たとえ十字であっても、かなりゆがんだ十字で、直角という角度が存在しない。

こういう訳で、直線距離の3倍も4倍も歩かないと目的地につかなかったりする。 もちろん、地図を買って、散歩の友にすれば問題ないのだが、そこはしょうもない 見栄があり、やせ我慢があって、地図なしで歩きたいのである。

こういう場合、当然一番欲しくなるのはGPSであろう。最新のGPS(研究レベル)では、 誤差1メートル以内ということなので、東京のようなごちゃごちゃした迷路でも 十分に大丈夫であろう。

そういえば、大昔、20年位前であったろうか、リモートセンシングの画像を 操っていたというか、とりあえず表示などをしていた。リモートセンシングというのは、 人工衛星から地球を眺めて、どこそこの自然破壊が進んでいるとか、そういうことが 一目瞭然に分かるシステムである。それだけ分かるようにしようとすれば、 当然のことながら、24ビットフルカラーでも足りず、RGBU(U:赤外線)の各8ビットの 画像を表示して遊んでいたのであった。1ピクセル4バイトで、4096×4096というまあ 今なら妥当なサイズの衛星写真なのだが、当時はこの程度の画像を表示するだけでも 大変なことであった。 これ以上詳しいことは、以前書いたので、そちらを見て欲しい。 「巨大1600万色フルカラー表示装置

さて、できることなら、GPSをPalmに入れて、Palmの秋葉原マップのような 感じで出て来るといいなと思っている。まあ、Palmで、せめて1Mbps程度の速度で 無線でインターネットにホイホイアクセスできれば、私にも気楽に散歩ができるのでは ないかと思う。

そういえば、昨日、100Mの赤外線通信のデモを見てしまった。有線はギガの 段階だし、ハードディスクは近いうちにテラになるだろう。 しかし、散歩の速度は、どんな装置があっても、今後は遅くなるしかない気がする。 肉体も頭もどんどん駄目になっていく一方なんだがら。 せめてパズルくらいは、ホイホイ解ける力を維持しようと無駄にあがいてみたい。


ホームページ目次前の話次の話