ホームページ目次前の話次の話

某社の某プロジェクトのスローガンは『暴走』だそうだ

2002年2月11日

先週の金曜日の夜、『Cプログラム診断室』を復活させた人の転職祝賀飲み会という、 なんというかとんでもない飲み会に誘われて、つい行ってしまった。 1次会の方は、仕事と言う邪魔が入ってしまい間に合わなくて、2次会だけの参加になった。

飲む場合でも、通常は技術屋さんと一緒のことが多いのだが、 コンピュータ出版系の、それも営業系の飲み会であったので、さっぱり知らない者ばかりが 集まるだろうと思って出かけて行ったのだが、その昔、同じ会社に居た人が混じっていた。 本当に世の中狭く、何処へ行ってもこういう状態になってしまう。

金曜日の夜に新宿で飲むという計画もかなり無理があると思ったが、 まあ、業界が業界であるので、十癖も百癖もある人が多く、 私のような人は、極めて普通に見えたことであろう。

2次会なのだが、何しろこちらは仕事などやっていたので、腹が減っていた。 あれこれ食べ物を注文して食べたり飲んだりしながら、話を聞いていた。 癖のある連中なので、世の中の常識では考えられないような家族を形成している者がいた。 これならば、何も脚色せずとも、そのまま書き下ろせばエッセイというかお笑い本が どんどんできてしまうという作家にとっては夢のような環境に生まれついている者までいた。

あまり暴露するのは趣味ではないが、そのなかの話を1つだけ披露しておこう。

酒を飲んでいて遅くなって自宅まで帰るのは大変なので、近くの親の家に転がり込もうとしたのである。 タクシーに乗って、実家まで行った。 ここで、親と喧嘩になったりするのなら、まあ普通であろう。 しかし、たいした親で、実家は「サラ地」になっていたのである。 実の子供に何も言わずに引っ越しちゃったのである。実は、売ったのではなく、 立て替えのために引っ越したのである。 こういう親なので、家が建ってからも連絡が無かったそうな。

こういう人が含まれている飲み会だから、まあどんなものか想像できるであろう。 マスコミの営業関係の飲み会には殆んど参加したことがないが、 どこもこんなものなのだろうか。初心者にとっては恐ろしい世界である。


さて、今年になって既に1ヵ月が過ぎてしまった。今年の目標とか、次期の目標とか、 スローガンとか、まあそういう事が検討されたりするであろう。 某社でも、当然そういうことがある。ここは、何か分からぬが、とにかくつっ走っている 会社と世間からは見られているようである。まあ、世間が長期的安定的加速度的 成長、ただしマイナス成長を確実にしているらしい今の時期に、まあ何とか のんびりゆっくり年2倍弱の成長をしているのは異常なのかも知れない。

こんな某社なので、当然全ては不安定である。某社がベンチャーかどうかは知らないが、 ベンチャーはとにかくバランスが悪いのが特徴である。アンバランスのままつっ走ることにより、 次第に安定になろうとするのである。これは、多くの乗物がスピードを上げると安定してくる のと関係しているかどうかは知らないが、そんな感じであろう。

某社の中のプロジェクトも様々である。私が知っているプロジェクトの1つは、 この1年間のテーマが『暴走』と決まってしまった。世間からは充分暴走している某社と 思われているのだが、さらに『暴走』と強調するくらいのプロジェクトもある。

このプロジェクトは、とにかく何でも考えもなしにどんどんやってみて、 だめだったら引っ込めてしまおうという方針なのである。適当にあちこちに向かって 暴走を繰り返し、ダメなものは誰にも気がつかないうちに撤収し、 うまくいったものは、さらに暴走を加速しようという、いとも単細胞な戦略なのである。

最近、やむなく技術以外の本を読むことがある。そうすると、確かに色々なことが書いてある。 世の中の経営者とか、マネージャとか、そういう賢い人々は良く勉強しているようである。 基本的には、新しいことに挑戦しないと、会社は次第にダメになっていきますよ、 というのは共通のようである。 こういう本に書いているように、新しいことにどんどん挑戦していれば、停滞なんて ないとおもうのだが、世の中はどうもそうでないらしい。

某社の場合、新し過ぎること、ユニークなこと、とっぴなこと、変なこと、などなど をやる連中がかなりいて、本に書いてあるようなことを強調したりすると、どうなるか恐ろしい。 いや、そうでない連中も居て、何とかなっていることも書いておかないといけない。

テーマが『暴走』のプロジェクトチームの名称は、実は飲み屋で決定したのである。 自分たちだけで暴走できるほどの勇気はないので、他人、他社を巻き込んだ上で 暴走しようという魂胆なのである。自分たちだけで暴走してもつまらないではないか。 しかし、飲みながら名称を考えたので、チーム名が虎媚徒(娘美都、鼓火渡、、、)組とかあったと 思うのだが、どれに決定したかよく思い出せない。テーマを決めるところからして ちゃんと暴走しているので、今後どうなるか考えただけでも恐ろしい。

という訳で、初心者は大人しく、後ろの方から、油をかけたり、火をつけたり、 風を送ったりするだけにしておこうかと思う。 燃え過ぎた時には、ビールでもかけて消化することにしよう。


ホームページ目次前の話次の話