ホームページ目次前の話次の話

どうしてホームページのアクセス向上について聞いてくるのかなぁ

2002年2月16日

メール爆弾のような凶悪なメール以外に、いろいろなメールがやってくる。 DMとかウィルスまみれのメールなどはさっさと捨てるか、面白半分に採集しているだけである。 子供のころ、夏になると、毎日何時間か蝉取りをやっていたが、とにかくたくさん 捕まえることに快感を覚えていたのだが、取り篭がいっぱいになってしまい、 家で逃すころには、もうとんでもなくうるさい状態になっていた。

それから、当然知らない人から色々なメールがやってくる。ちゃんとしたメールは できるだけ読むようにしているが、画面に表示だけして終ることもある。もう少し努力 するときには、一応読むのであるが、そこまでである。中には返事をしようかな、 と思いながら何日か経過し、次第に埋もれいってしまい、「まあ、いいか」と思って、 脇に避けることも少なくない。

もちろん、内容的に気になったり、すぐに返事をしなければいけないな、と思った ものは、早ければ数分、遅ければ数日中に返事をすることにしている。 タイプの速度は遅く、せいぜいキーのトップの文字が消えかける程度である。 とてもゆっくり打っていると思うのに、なぜキーが消耗してしまうのだろう。

そんな中に、初心者のページを見て、是非バナーを置いてください、 儲かりますよというのがある。単なるダイレクトメール風なのだったら、1秒で処分を 終えられるのだが、どうも初心者のページをあちこち眺めて、感想が書いてあって、 その後にビジネスの話が書いてあるとても丁寧なのがときどき来るのである。 しかし、このホームページと言うもの、伊達や酔狂でやっているのであって、 決してビジネスでやっているのではない。いくつかの会社へのリンクなんかも確かにあるが、 あくまで何らかの偶然とか必然の関係でリンクを張っているだけなのである。

さらに進んで、アクセス数の増加のための秘策をぜひ教えて欲しいと言う、 とても扱いに困るメールが来ることもある。『パソコン初心者の館』のあちこちに、 アクセス数が増えると困るといっぱい書いているのであるが、そうすると、 世の中の人間はひねくれているのか、どんどんアクセスしてくるようだ。 そうなると、回線がパンクしたり、マシンの増強が必要になったりで、 とにかくろくなことがないのである。要するに、どんどんアクセスしてくれると、 余分に金がかかってしまうのである。ということで、ときどきコーナーを閉じる なんてこともやっているのだが、それでもなかなか減少してくれない。

アクセス数の増加について初心者なりに考えてみると、皆何か綺麗なページとか、 すばらしい情報の提供とか、だいたい同じようなことを考えるようなのであるが、 そういうことをすると詰まらぬ競争に明け暮れなければならず、忙しくなって困ると思う。 そういう競争にならずにアクセス数を増やすのは、誰も考えないようなユニークなこと、 馬鹿なこととかやれば良いだけだと思う。

ちなみに、某社のやっているホームページのアクセス増加プロジェクトでは、 スローガンが『暴走』だったりする。 普通でないことをやれば、もしかしたらアクセス増加に繋がるかもしれない。 1度やってダメだったら、何か別の方向に暴走してみれば、というとても単細胞な 戦略を取っているのである。

こんな無茶な、何も考えていない戦略であるが、それでも月に何割もアクセスが 増加してしまっている。今月の目標にしていた値を、既に昨日突破してしまったの だから、とんでもない暴走状態である。 増加原因は、担当者の『暴走』以外に何も思い当たる節もないのである。 インターネットってこんなに単純だから、しっかり考え、プランを立ててやる場合には、 当然月に何倍もアクセスが増加するに違いない。 そうなると回線の心配やら、コンピュータの性能の心配などを毎月しなければなるまい。


ホームページ目次前の話次の話