ホームページ目次前の話次の話

国会議員会館の面会申込書は陳情に便利

2003年2月14日

また1ヶ月もの間書かずにいたら、あちこちから催促まがいのことをされてしまった。 みなさん、何を期待しているのだろうか。

前回、富士通のハードディスクの件を書いたが、 せっかくだから、ついでにファイルの整理もした。 何年も使っていないファイルもたくさんあって、かなり整理できた。 これも、F社のハードディスクを利用していたおかげであろう。

この1ヶ月程は、パズル三昧などもあって、結構忙しかったのである。 最近、パズルのプログラムを書いていなかったのだが、整理していると、 つい過去のソースを見たりして、ついついプログラムに手を出してしまうとい う悪い癖がいまだに抜けない。これを期に、またしっかりとパズルに漬った生 活に戻ろうかと思っている。

衆議院議員会館面会証

参議院議員会館面会申込書

毎年数度、なぜか国会議員会館とか、その関連施設みたいなところに行くこと がある。今回は、国会議員会館に行ってきた。国会議員会館の地下には、 国会関係の土産物などを売っている売店もある。

国会議員や秘書の人々は、いろいろ書類などを作ることが多いのだが、 実は国会議員会館の中には、関係者が使いやすいコピーセンターのようなものはない。 東京の都心部には、 キンコーズというコピーなどが簡 単にできる店がある。単にコピーだけでなく、製本からポスター制作などもでき、 24時間営業だったりする。

しかし、国会議員会館付近というのは、警官は至るところに立っていて、 こちらを睨んでいるが、コピーセンターどころか、コンビニやファーストフード などどこの町にでもある店さえない、とても閑散とした、どちらかというと さびれたというか、うらびれたというか、まるで活気を感じない、なんというか 今の日本の経済状況を表現しているような町である。 近辺をもうすこし普通の町にしないと、あの変な町を普通と誤解してしまい、 とんでもない経済政策しか頭に浮かばないのかと思ってしまう。

秘書と話をしていたら、コンビニが欲しい、キンコーズが欲しいという 非常に強い欲求があった。

ところで、せっかく議員会館、それも衆議院と参議院の両方に行く機会があったので、 両方の面会申込書をもらってきた。 いろいろ記述する欄があるのだが、衆議院の方が、若干単純になっているし、 表現が普通である。参議院の方が、かなり固い表現が多用されている。

さて、用件の欄を見て欲しい。この欄の最初に書かれているのが陳情である。 記述例が、ロビーにあったりするのだが、それにはだいたい陳情のところに丸 がついていたりする。国会議員会館に行く人の多くの用件は、陳情らしい。

日本は『陳情政治』だと良く言われるが、そういうのがこういう書類にしっか りと出ているのではと思う。 陳情が最初に並んでいる間は、陳情政治に決まっているであろう。 いつ、用件の欄の最初が陳情でなくなるか、ちょっと気になる。



ホームページ目次前の話次の話