ホームページ目次前の話次の話

シリコンバレーのホテルでバージョンアップして動作確認

2005年5月5日

シリコンバレーの続きである。より正確には、サンタクララである。

アメリカくんだり、それも何もないところ(これは向こうに着いて気がついたことだが) に遊びの目的で行くことはまず無い。カンファレンスに行った訳である。 昔というか大昔、コンピュータショーを見に、というか編集部の取材について行ったことがある。 サンフランシスコに取材に来たときには、確かアシュトンテートの本社まで行ったと思う。 あまりに古臭い話である。

カンファレンス会場となったホテル
今回は、MySQL Users Conference 2005に参加してきた。 コンピュータショーなどだと、わ〜っと一気に回って、 後は適当に観光なんてことも可能なのであるが、丸4日間朝早くから予定がびっしりなのである。 右の写真は、会場となったホテルである。

まあ、周囲には何もなく、レンタカーも借りなかったので、 カンファレンスに参加するしかないか、ということで毎日参加した。 本来のスケジュール以外にも、色々用意されていて、気が抜けないのであった。

それは最初からの予定であったから良いのだが、着いた日に、MySQLの 新しいバージョン、5.0.4がリリースされたのを知ってしまった。 カンファレンスに参加するために日本を出発するまえに、5.0.3を パソコン初心者は、慣れない WindowsXPのノートパソコンに大変な苦労をして でも入れようと気合を入れて作業をしようとしたが、実は簡単にインストールできてしまった。

万一、動作状態を見せることがあるかも知れないとのことで、 何等かの実際的なデモ環境もつくっておこうかと思った。 でも、自分の頭で考えるのは面倒なので、本屋で立ち読みしていたら、 『MySQL4/PHP5』という本が目についた。Windowsでのインストールが書いてあるし、 全然使ったことがなく、すこしは本で読んだことがある程度のPHPの解説も あったので、さっそく入手し、環境を整えようとした。

MySQL4とPHP5の組み合わせ、LAMPという言い方があるが、Windowsの上で動いているので、 LをWに変えて、WAMPである。しかし、MySQL4というのは気に入らないので、 MySQL5に勝手に入れ替えてしまった。本の説明は、MySQL4.0の場合について 書いているので、国際化対応してしまった MySQL4.1以降とはちょっと違うところがある。 これも頑張って調べ尽せば何とかなるかと思ったが、結局PHPからMySQLに接続するとき、 おまじないを1行追加するだけで簡単に動いた。 う〜ん、何だか意気込んだよりも簡単だった。

という周到な準備をし、日本語を色々調べようと思ったのだが、 実はMySQL5.0.3は cp932、要するにWindowsのシフトJISコードがサポートされたと聞いて インストールしたのだが、いくら探せどもcp932が見つからない。 そういう訳で、日本にいる間に、cp932の動作は調べられなかったのだ。 それでも、何かやり方ミスったかなどと悩んだが、そのまま出発してしまった。

会場のホテルにいた LUCKY CAT
5.0.3の英語の説明を読んだら、ちゃんと入っているとあったんだが、 実はやっぱり入れ忘れていて、そのためかどうかは知らないが、 あまり時間を置かず 5.0.4 がリリースされた。 シリコンバレーに着いて直ぐの飲み会でその事を知り、 まだ酔っ払っているにもかかわらず、深夜ダウンロードして、 アップデートしようと試みる。

ところで、ホテルの部屋には、ちゃんとLANケーブルが来ていて、 DHCPでちゃんと繋がるのであった。最初に、「無料だよ」というメッセージが 出て来て、OKを押すとちゃんと使えるようになる。ただ、そこまでに、 いろいろ英語で説明が出てくるのであるが、まあ問題無く繋げることはできた。 回線速度はまあまあだったかな。

さて、ダウンロードなんだが、リリース直後ということで非常に混んでいた。 なかなかダウンロードできないし、解凍して使おうとするとエラーになったりで、 あきらめてシャワーを浴びてから再び挑戦したら、ちゃんとダウンロードできた。 やれやれである。それから、インストールし、cp932が存在するのを確認した。

sjisだと、勝手な文字の置換が発生していたのだが、cp932にすると、それはなくなった。 とりあえず確認できたようなので、眠った。

かなり遅くなったので、次の日は朦朧とした頭でカンファレンスに参加したのであった。 アメリカに到着したばかりなので時差ボケもあり、どんどん調子は崩れて行くのであった。



ホームページ目次前の話次の話