ホームページ目次前の話次の話

『(コ)の業界のオキテ』が復刊されるかも

2006年3月1日

早いもので、もう3月になってしまった。あまり何もできないまま、 勝手に2ヶ月が過ぎてしまった。

とっくに休刊(廃刊?)になった『(コ)の業界のオキテ』を、 かなり前からこのホームページで公開していたのだが、 関係者が作成した執筆支援サイトKaretta が出来つつあるので、そこに移動した。

『(コ)の業界のオキテ』 on karetta.jp

執筆支援サイトであるので、著者や読者が見るのは当然なんだが、 ありがたいことに編集者も見てくれている。はっきり調べた訳ではないのだが、 関係している出版社だけではなく、その他にも見ている出版関係者も居るようだ。

実は、『(コ)の業界のオキテ』を復刊したいという話は以前にもあったのだが、 実現しなかった。復刊なので、著者側は書き下ろしのような膨大な作業が発生する訳ではないし、 やはり本の形で提供できればと思いOKを出していたのだが、 いつのまにか音沙汰がなくなってしまった。 やはり、何事も、やりたいだけでは駄目で、出版するのだったら、 編集、出版に関する一通りの知識なり経験がないと実際は困難だと悟った。 少なくとも、私の編集、出版経験よりも上であることが望ましいであろう。

それが、今回Karettaに移動したら、話がやってきた。 出版の環境も以前とずいぶん変わり、少部数印刷が可能になってきたことも影響していると思う。 その中でも、1冊単位で本を作れるオンデマンド印刷が始まり、 復刊への対応環境がかなり整ってきたのではないかと思う。

今回の復刊の話も、オンデマンドでの復刊の話であった。 まだオンデマンド印刷による出版の経験がないので、これは良い機会ということで、 話を進めることにした。いつ頃できるか、どこで購入できるかなど、 情報が入った時点でお伝えしようと思っている。

オンデマンド印刷する印刷会社にも依存するであろうが、 紙、サイズ、表紙など、製本に関する部分には色々制約があるようだ。 どんな感じになるかは、お楽しみということで、本日はお知らせまで。

それから、今回は、編集に対する十分な経験のある人だったので、 問題なく出版まで漕ぎつけることが可能ど確信している。 何たって、私よりも間違いなく編集、出版に詳しいので、近々入手可能になるだろう。



ホームページ目次前の話次の話