ホームページ目次前の話次の話

トラブル続きの今年はまだ終っていない

2007年12月28日

今日が仕事納めのところが多いだろう。こちらも一応今日が仕事納めだ。 これで、1年が終ったと思いたいところだが、まだ年賀状を出していない。

地球環境のことを考えてできるだけプリンタで印刷しないようにしている。 まあ、プリンタのところまで歩くのが面倒であるし、 紙を追加するのも面倒だし、紙を置いておくのも、捨てるのも面倒などもろもろの理由で プリンタを使わないでいた。 とくに、カラープリンタは、このところ透明名刺をすっかり作らなくなったので、 年賀状くらいにしか使っていない。そもそも、カラープリンター自体も貰い物だし。

で、1年ぶりに動かそうとしたら、ランプがチカチカしてしまった。 ランプの点灯によりプリンタの故障具合を知らせるようになっているのだが、 「メーカーに電話してメンテナンス」になってしまった。 これでは、間に合わない。

ということで、年賀状を放棄しようかとおもったのだが、ノートパソコンで準備して、 最後に、別の動くプリンタを発見したので、それを使って打ち出すことにした。 まだ、年賀状ソフトがちゃんと動くものかどうか、そのあたりは不明であるが。

さて、ことしはぼろぼろの年であった。秋には右肩がダメになってしまって、いまだに直らない。 半年とかは普通かかるから、まあのんびりやるしかないらしい。 同じ病気になった者も多数いるようで、そのうち直るよと言った者が、 今はまた肩が痛くなって整体に通っているという。 まあ、生命に影響はないらしいので、適度に運動してそれなりの状態を続けている。 しかし、キーボードを打つのが日常生活そのものなので、この病気は都合が悪い。

そうこうしているうちに、被せていた歯が外れてしまった。 それも、某所での招待パーティの最中である。なんとも、とんでもなく勝手なタイミングで壊れるものだ。 やむなく、歯医者に行ったら、そのまま被せ直すのは無理なのでということで、 結局年内に直せなくなってしまった。来年に持越だ。

最近は、たらたらと ペーパーバックを読むことをしている。 日本語で読むと、本が溜まって仕方がないし、もうとっくに前から置く場所がない。 通勤時間だけ読むことにしても、文庫本にして月に10冊くらいはいってしまう。 しょっちゅう書店にいって、本を買うことになる。近所に図書館でもあればよいのだが、 そんなに都合よくできていない。公共図書館は、駅の中とか、便利な場所に作っておいて欲しいものだ。

それで、日本語で読み続けるのはまずいと思い、もっと読書ペースを落とす方法はないものかと思い、 2年前に英語のペーパーバックをたらたら読む読書生活に切り替えてみた。 読書ペースは本にもよるが、1/5〜1/20くらい差があるようだ。 しっかり時間がかかるということは、とても書籍購入費の削減になった。

今読んでいるのは、和訳でも話題になっている『ワープする宇宙−5次元時空の謎を解く』リサ・ランド−ル著である。 もちろん、日本語はいまのところハードカバーで、原書よりも高いというふざけた情况なので、 とうぜん英語の方を迷わず入手した。

全部で6部からなり、1、2部が本題に入る前の準備みたいな説明が書かれているのだが、 未だに導入部を読んでいる。年内に導入部を抜けるのは無理で、この本を読み終えるのは うまくいっても来年になってしまった。下手をすると高度な内容と英語のために永久に読み終えることができないかもしれない。

他にも色々あったと思うが、思い出せないので、このあたりにして今年は終ることにしよう。

美しいパズルとは

ナンプレ問題
自動生成


これで、今日から
貴方もパズル作家


稲葉のパズル研究室

Cパズル
プログラミング
〜再帰編〜


ホームページ目次前の話次の話