ホームページ目次前の話次の話

学習エンジンなるお勉強のためのエンジンもある

2008年1月16日

世の中には様々なエンジンが存在する。 元々は、動力を産み出すものを指していたと思われる。 要するに、自動車エンジン、航空機エンジンなどのエンジンである。

それが、コンピュータの世界でも、なんらかのまとまった処理をしてくれるものをエンジンというようになったようだ。 もっとも代表的なのが検索エンジン、サーチエンジンと呼ばれるものである。 日本語全文検索の場合には、Namazuがあり、 それを料理したものとして、Kabayakiがある。 まあ、Googleも検索エンジンだし、その他にも色々ある。 探すエンジンだけではなく、文章を要素毎に粉々にする言語解析エンジン、形態素解析エンジンなんてのも存在する。 文字関連エンジンは、とりあえずこのあたりにしておこう。

他のエンジンとしては、入力されたものを直接加工して出力するエンジンも存在する。 写真を入力すると、まるで油絵のような感じにしてしまうのは油絵生成エンジンと言えるだろうか。 せりふからアニメキャラクタの表情を生成するエンジンも発売されているようだ。

もっと生産的なエンジンとしては、何も無いか無いに等しい状態から、 勝手に何かを作ってしまうエンジンがある。 このタイプのエンジンを生成エンジンと呼ぶらしい。 代表的なものとして、パズル問題自動生成エンジンがある。 あまりにも高速に問題を作れるし、パズル作家が手作りでは手間がかかっていた部分が、 このエンジンのおかげで問題作りが楽になったようで、色々な形でパズル作家の人々が使い始めたようである。 今まで、パズル作家が非常に時間をかけて調整してやっと完成した手作りならではの問題も、 簡単にできると好評である。

さて、今日は、そういうエンジンではなく、学習エンジンの話である。 iKow!という無料で英語が学習できるサイトがある。 ものすごい大雑把な言い方をすると、『英語漬け』に近いが、 学習状況をもっとちゃんと把握しておいてくれ、教育効果、 つまりよく憶えられるように誘導してくれる、らしい。

なにしろ、まだオープンして間もないし、昨年暮れにこのサイトを知り、とりあえず登録してみたところだ。 英語の勉強もしなければならないのだが、とりあえずどんな方法で学習効果を高めようとしているのか、 実際に学習してみないことには判断もできないというので、登録して、すこしだけ学習を進めたところだ。

ということで、まだ評価も何もできない段階だが、 このシステムには1つだけ著しい特徴があるのを発見した。 遊んでみる、あるいは学習してみれば分るのだが、英文に対応する絵、写真が凄いのである。 登場する人のアクションが超オーバーであり、現実にあり得ないだろうという写真だらけである。 「そんな馬鹿な!」というツッコミを入れたくなるような写真を見ながら学習することで、 学習効果が上昇するのではないかと思ったのだが、当っているだろうか。

ところで、私のようにもう若くない人間にも学習エンジンは効果があるのだろうか。 もうあちこち水漏れとかしているので、忘却エンジンの働きが強いのだが。

世の中、何かにつけて「エンジン」である。 良いエンジンもあるだろうが、何か非常識なことを組み込んでおかないと効果が少ないかもしれない。

ということで、今後期待されるエンジンについて考えてみた。 多くの人は、あまりにも常識的な思考をして、売れないものを作ったり、見られないページを作ってしまう。 そういうことを無くすには、とにかく発想を豊かにしなければいけない。 ユニークで差別化でいるものを作らなければと、会議会議と忙しい会社が世の中多いようだ。 しかし、そんなことで、ユニークなことができるだろうか。 ユニークなことを考えようとすればするほど平凡で、平均的で、安全で、石橋を叩き割って渡れなくする人がいかに多いことか。

滅茶苦茶、意味不明、奇々怪々、荒唐無稽、支離滅裂、奇想天外、針小棒大、誇大妄想な考えをしなければ いけない訳だが、そういう頭を育てる「脳軟化エンジン」が今の世の中では求められていると思う。 名称は、これでは誤解されそうだ。


ホームページ目次前の話次の話