文庫本のホーム

廣淵升彦


書名スヌービーたちのアメリカ
文庫新潮文庫 ひ−15−1
単行本平成5年8月新潮社刊
発行平成8年11月1日
頁数311ページ
定価560円
ISBN4-10-149611-0

スヌーピーのマンガの解説書である。そして、私は、スヌーピーが好きであ り、解説書を含め、何冊も買っている。その一連として買ったものである。

コンピュータのマシン名には当然ピーナッツに出てくる子供達の名前をつけ たりしている。私の個人マシンの名前は、当然*****になっている。

しかし、昨今のスヌーピー本(ピーナッツ本という方が正確か)の出版ペー スにはすさまじいものがある。もう、書店でコーナーを設けられるくらいの点 数になっており、どれも相当の売行きのようだ。そして、1冊200円のミニ 文庫にもなっている。

本書は解説書である。あるいは、紹介書といった方がよいかも知れない。ス ヌーピーたちは、つまり作者シュルツ氏は、この漫画で、アメリカの日常を紹 介していることを丹念に紹介している。

登場人物はすべて子供達だけであるが、そこに登場する題材は大人達のアメ リカの日常生活そのものである。

ピーナッツ本を原書で読むと、結構難しいのである。子供達の会話だし、そ んな難しい表現を使っている訳ではないのだが、簡単な単語で、子供達の会話 を装って大人達の世界をも描いているので、かなりアメリカの知識や経験がな いと、文法的には分かっても、読後にポカンとしてしまうことが多い。

アメリカでは、ピーナッツは主要な新聞に連載されており、歴代大統領はピー ナッツを愛し、クリントンはピーナッツマンガで育った世代である。

それだけではなく、ピーナッツの内容に、アメリカの大多数の人々が親しみ、 アメリカでビジネスをやるなら、ピーナッツの話題を話に盛り込むだけで場が 盛り上がるそうである。共通の話題になる可能性が非常に高いということだ。 日本でいえば、『さざえさん』といったところらしい。

なんたってシュルツ氏のすごいところは、40年以上にわたりスヌーピーと その仲間達を描き続けてきたことだろう。本書は、シュルツ氏の人柄や、家族 などについてのことも詳しい。

本書で一番詳しいのは、各登場人物、スヌーピー、チャーリーブラウン、サ リー、ルーシー、ライナス、シュローダー、ウッドストック、ペパーミントパ ティ、などなどの性格の記述である。

でもまあ、マンガなんだから、楽しく読めばいいのである。


文庫本のホーム