文庫本のホーム

宮子あずさ


書名看護婦泣き笑いの話
文庫講談社文庫 み−43−1
初出単行本:1994年5月講談社より刊行
発行1997年4月15日
頁数268ページ
定価440円
ISBN4-06-263494-5
「草木が生い茂り」が、「おいし下痢」とでたり、「厚顔無恥」が、「睾丸 無知」と出たり。「一網打尽」は「い恥毛ダジン」。「ベンガル地方」は「便 がる痴呆」。
このように変換されるのが看護婦の使っているワープロの日々の学習の結果 であるらしい。何とも下の言葉が強化されてしまっているが、そういう仕事な んだから当然と言えば当然だが、笑えてくる。

まあ、こういうコンピュータがらみの話はこの部分だけで、後は明るく看護 婦の仕事の実像を書いた本と言えばいいのだろうか。

まだまだ若く、バイクを転がしている元気で陽気な現役看護婦さんによる本 だ。看護婦の世界を天使の世界ではなく、普通の仕事の世界として紹介したお 笑い満載の本である。ドジ、グチ満載の現実世界が出て来る看護婦生活もりだ くさんの本である。とにかく笑える。もちろん、笑いだけの本ではないが。

最近、どうも読んでいる本が、「医」関係の人が書いた本が多くなってきて しまった。

1997年5月9日


文庫本のホーム