米山公啓文庫本のホーム

米山公啓


書名Dr米山のメカ・モノ診療録
文庫学陽文庫 よ−2−1
発行1998年7月21日
頁数269ページ
定価580円(本体)
ISBN4-313-72055-3

私の友人にも、メカが非常に好きで、小学生のころからアマチュア無線をやっ たり、アンプを作ったりしていたのがいる。医者には、非常にメカ好きと、メ カ嫌いがいるようだが、Dr米山は異常なまでの新物好きである。子供のころは メカ好きのように思われるが、医者になってからは新物好きの方に走ったよう である。これも、財政状況が好転したためであろうか。

プラモデルの話から始まるのであるが、プラモデル時代が始まる前に、木製 の組み立てキットを売っていて、私はそんなのにマブチモーターを取りつけて 遊んだ記憶があるのだが、プラモデルが出てくると、またたく間にプラモデル に取って代わられた。

真夜中に、急にデッキが欲しくなって深夜営業の「ドン・キホーテ」に買い に行くとか、まあ良くやるものである。買ってちょっと使ってみるともう満足 し、使い続けることは決してしないらしいので、氏の周りにいると、未使用に 近い新製品がどんどん頂けるようである。

巻末の「私が読んだおかしな本と役に立った本29」は、Dr米山の著作の背 景を知るには便利である。米山氏のファンなら、既に読んだ本が何冊かは必ず あるのではないだろうか。

1998年7月25日


米山公啓文庫本のホーム