ホームページプロフィール

所属:どこでしょう


「特になし」とわざわざ書いているのにわざわざ見に来るとは酔狂なことで ある。

と言うことだけ書いて終りでは、やっとここまでたどり着いた人に悪いので、 私の今の接続先について若干書いておこうか。

私のパソコンが繋がっている先は、 ネットワークセンターという世には 知られていない非公開のプロバイダーである。では、なぜ、非公開のプロバイ ダーに繋がっているかというと、まあ、知合い、お友達とかがやっているプロ バイダーだから、こっそり私も繋がせてもらっている訳だ。

ネットワークセンターのやっているネットワークとかが『センターネット』 という名称らしい。で、このネットワークセンターに関係している人は、かな り長いUNIX経験のある人々が多いようだ。リアルタイムOSが趣味とか、いい 年になっても秋葉原をうろついては怪しげなボードを買ってきてUNIXマシンを 組み立ててしまったり、OSのインストールが趣味とかいう人々が多い。私か らみれば、驚異のような人々がたむろしている。

ネットワークセンターは、 UBA(Unix Business Association) のインターネットサービスを企画したり管理していた人々が多く関係してい る。これは、東京インターネット ができるより遥かに前のことである。つまり、UBAインターネットが発展 し、商用化し、東京インターネットに変身したのである。この路線を企画し、 画策し、最初の布石を準備した人々がネットワークセンターにいる人々である。 しかし、このあたりの事情まで知っている者は、もう少ないであろう。そう、 東京インターネットの母体はUBAネットであり、それを興した人々がいるのが ネットワークセンターなのだ。(何で私がこんな裏まで知ってるんやろ???)

さらに、どうもここは、UNIXの世界では著名な、UNIX MAGAZINEに連載してい る者が何名かいる アステック と関係ある人々も多いと風の噂に聞いている。まあ、そういう私も、多からず、 少なからず、関係はあるようなないような。。。。

というわけで、このプロバイダ、自分が大きくなることを目指していないら しい。でも、国内のいくつものプロバイダの発足に手を貸しているらしい。某 超有名ホテルのインターネットカフェもやったそうだ。よくは知らないが、人々 には知られないように、インターネットの裏舞台ではすごく活躍しているらし い。

まだ多くの中小プロバイダが技術が未熟なのに、ネットワークセンターはプ ロバイダを指導したりしているようだ。一番大きいのは東京インターネットで あるが、それはネットワークセンターができる以前の話だから、別にして、そ の後も既に全国にいくつか作ってきたようだ。

そういうことも知っているので、安心してネットワークセンターに私は繋い でいる。もちろん、ここは東京インターネットに直接つながっているので、ア クセスにも好都合であることももう1つの理由である。

まあ、私が知っているのはこのくらいまでだ。


ホームページプロフィール