ホームページプロフィール

岡山県児島市


岡山県児島市なんて「市」はもう存在しない。瀬戸内海工業地域の中心地に ある「水島」のために高梁川の河口を埋め立てる時、当時の倉敷市、児島市、 玉島市の3市の境界が訳がわからなくなり、
「えい、面倒だ、合併しちまえ」
ということで3市が合併し、境界不明地区は水島地区となった。だから、元 の児島市は、現在は、「岡山県倉敷市児島地区」になっている。

場所は、瀬戸大橋の本州側で、児島坂出 ルートの「児島」である。昔は、下津井電鉄という日本でレール幅が一番狭い 鉄道が走っていたが、廃止になった。その後、都会(岡山または倉敷)に出る 鉄道が暫くのあいだ無かったが、瀬戸大橋ができて特急列車も止まるJR児島 駅が突如砂漠(塩田跡地)に出現した。

駅前は、今だ砂漠同然で、それを利用し、瀬戸内博覧会が催された。この駅 前砂漠は個人の持ち物。塩田王の持ち物。駅前にあるのは、公衆トイレとバス 乗り場、さらにその向こうには、日本人は外国にかぶれたいだろうということ で開校したアメリカの州立短期大学 Mt. Hood Community College の廃校跡。駅前には商店など一切無い。遠くに町が望める。 さらにそのかなたに、自動車社会についていけなくなり、廃虚となった旧商店街がある。

町の主要産業は繊維。戦争直後は学生服の日本最大の生産地として繁栄を極 めるが、学生服離れとともに、町は没落を極める。繊維は今も盛んだが、ジー ンズなどが中心。もちろん日本は人権費が極めて高いので、工場は殆んど海外 を生産拠点としている。町で年寄りに会うと、
「若い者は、中国に行って仕事せな。児島にいては仕事にならん」
と言われてしまう国際都市。

気候は極めて温暖で、雨は本州で一番少ない場所。私の行った中学のグラン ドの周囲はオリーブの木でできていた。オリーブの実をちぎって食べたけれど、 そのままではうまくなかった。小さなバナナの木も生えていた。


ホームページプロフィール