ホームページプロフィール

パズル


何も得意なものはない私ですが、まあ、コンピュータよりはちょっと得意な ものとして、パズルがあります。まあ、下手の横好きといったところです。

コンピュータは、パズルを手または頭で解くのは大変骨が折れるので、こん な面倒なことはコンピュータにでも遣らせればいいや、ということでマイコン の勉強を始めました。だから、私にとっては、コンピュータは、趣味のための 補助手段です。

まあ、世間では、パズルの研究にうつつを抜かすことを、こともあろうに人 工知能の研究とか言ったりしています。パズルの研究というと研究資金が出ま せんが、人工知能の研究と言うと、公的資金が出たりするようです。

昔の昔のその昔、通産省工業技術院電子技術総合研究所(長ったらしい!) が国会議事堂の裏にあったころ、PDP11で動いていたオセロと対戦しました。 部屋には色々なゲームやパズルが転がっていました。これこそ人工知能の研究 なのです。

それにしても、最近は大変なパズルブームですね。もう20冊近くのパズル 雑誌があります。でも、ほとんどの雑誌は、景品でも付けなければ、あまりに も下らない問題ばかりで、誰にも解いてもらえない様な、どんな面を下げて編 集しているのだろうかと思うようなものばかりです。

現時点(1995年10月)で、評価に値するのは『ニコリ』くらいしかあ りません。もっと、ちゃんとした問題が提供されないかしら。。。『ニコリ』 は隔月刊であるし、ニコリの新書サイズのペンシルパズル本は年数冊しか出な いので、問題不足だよーーーー。

そのうち、「パズル書評」か何か始めようかな、とは思っている。人間が解 くより遥かに遅い、それも何十倍、何百倍も遅いプログラムを金を取って売っ ているとんでもない会社もある。こういうのは、パズルに対する冒涜以外の何 者でもありません。

遂に1995年10月30日に、パ ズル書評を開始しました。この書評欄だけは充実させたいな。


ホームページプロフィール