ホームページプロフィール
三軒茶屋

三軒茶屋には、お嬢様大学として有名な 昭和女子大学 があり、その中に有名な人見記念講堂がある。 三軒茶屋(俗称:三茶)は、東京の交通の要衝の1つ山手線渋谷駅から東急 の新玉川線(地下鉄)で2駅目であり、急行ならば次の駅である。この新玉川 線(ふつうは新玉線と呼ばれる)の上が国道246号であり、それも2階建て、 さらにその上を首都高速が走っているというか重なっている。三軒茶屋付近で は道路が空中で2段重ねだから、全部で4段重ねの交通の大動脈のまっただ中 なのである。細かくいえば、地下道も一応あるから、5段重ねとも言える。こ れほど重なっているところが、日本国内で他にあっただろうか。

それから、 東急世田谷線が三軒茶屋と下高井戸を結んでいる。実に世田谷らしい線 である。

三軒茶屋とは、その名前の示す通り、三軒の茶屋があった場所につけられた 地名らしい。茶屋であるから峠にあるのが普通で、今もその場所は、多くの車 が行き交う交通の要衝である。

最近は三軒茶屋で休んで行く者も少なくなり、どれが元の三軒の茶屋の名残 りかを知る者は殆どいなくなったが、それでも、バス停の名前に「三軒茶屋」 の名前が残っている。

今でこそ車でさっと通過できるが、この峠の両側には山が迫り、溜め池がい くつもある。写真ではその険しさを伝えにくいが、この峠の両側では天気が変 ると言われるくらいである。私も、この峠を越えると、やっと児島に帰ってき たのだな、と思ったものである。

では、もうすこし近付いてバス停を見てみよう。なになに『下電バス』だっ て。『東急バス』のバス停じゃないって?『下電バス』、そんなバス会社あっ たかって。

地元の人なら誰でも知っている有名な会社だよ。私も小さいときから知って いたバス会社。

今、このページは、三軒茶屋で書き上げています。もちろん、専用回線で繋 がっていて、皆さんのデータは三軒茶屋のサーバーマシンから送られているん ですよ。

という訳で、この三軒茶屋はどこの峠にあるか分かりましたね。

なお、写真撮影は、児島商工会議所の上原茂さんでした。


ホームページプロフィール