ホームページプロフィール

瀬戸大橋





田土浦公園(タヅチノウラ)より

櫃石島橋(ヒツイシジマ)

瀬戸大橋については、まず知らない人はいないでしょう。そのくらい有名で す。工事の時には、町の人口が激増するくらい多数の人が来て働いており、そ の当時は地元の土建業は活況を呈しておりましたが、今は全然そんなことはあ りません。

これだけ大きな橋をつくり、鉄道と高速道路も作ったのです。そんなものが まったくない場所に、急にこれだけのものを作ったのでありますから、私の親 戚なんか3軒もペッチャンコにされてしまいました。

この巨大な橋についての本は多数出版されているようですが、地元の新聞社 である「山陽新聞社」 の出している『イラストで見る瀬戸大橋』を紹介します。

書 名 イラストで見る「瀬戸大橋」
著 者森忠次岡山大学教授、山田善一京都大学教授
イラスト金澤活/カフェ・アド・ハウス
発行日昭和58年3月1日 第1刷発行
発行元 山陽新聞社
定 価1800円
サイズB4変型版(?) 108ページ

さて、この実に壮大な橋、遠くからだけでなく、橋の上を走っても非常に広 いのです。もう車に出会うことすら少ないくらい広大で、「橋の上で止まらな いで下さい」と叫ぶパトロールカーと出会うくらいのものです。

何しろ、高速道路なのですから、勝手に止まって、橋の上で景色を眺めては いけないのでありますが、そういう車が後をたちません。

以前、橋の継目が落っこったことがあって、全国ニュースにもなったのであ りますが、あまりに交通量が少ないので、その程度では1台も落ちることはあ りませんでした。

なぜ、このように交通量がすくないかと言いますと、それは通行手形が滅茶 苦茶に高いからです。往復すると、確か1万円くらいも取られるのです。私も 子供に瀬戸大橋を見せようとして走ったのですが、途中にある与島(よしま) まで行って引き返してきました。こうすると、片道だけの料金になるのです。

それで、今度、児島へ行ったついでに、本州四国連絡橋公団なるものが出し ている、『瀬戸中央自動車道/ようこそ瀬戸大橋へ』というパンフレットを取っ て来ました。それにしたがって、さらに正確に情報を提供しようと思います。

本州側が、児島インターで、四国側が坂出北インターです。この2つのイン ターチェンジの間に、下津井大橋(1447m)、北備讃瀬戸大橋(1611m)、南備讃瀬 戸大橋(1723m)の3つの巨大な吊橋があり、残りの大半は高架橋になっていま す。そして、中央付近に、与島(よしま)パーキングエリアがあります。

児島IC〜7.7km〜与島PA〜8.2km〜坂出北ICとなっています。つまり、 児島ICから坂出北ICまでは、わずか16kmしかないのです。だから、 のんびり走って15分、普通に走って10分です。

で、料金は、児島〜坂出北が片道で、普通車5660円、軽自動車4020 円です。往復するととっても割引になって、普通車9000円、軽自動車64 00円です。つまり、往復すると、普通車で2540円、軽自動車で1840 円もお得になります、とパンフレットに誇らしげに書いています。もちろん、 児島インターから、ほぼ同距離にある岡山方向の早島インターまでは、瀬戸大 橋を通らないため、普通車820円、軽自動車620円となっています。

もし、瀬戸大橋よりも高い有料道路が有りましたら、是非教えて下さい。瀬 戸大橋は、この驚異の通行料の為、殆んど車は通過しておりません。盆と正月 以外は、絶対に渋滞することはありません。工事費用がかさんだので、このく らいの料金でないと元が取れないということですが、この料金のおかげで、 殆んど誰も通行出来ないまま、瀬戸大橋は朽ち果てる運命 にあるのでしょうか。

まあ、地元では、四国へ瀬戸大橋を通って車で行くことは避けております。 もし仕事でそんなことをしたら、交通費が高くついて、働けど働けど赤字になっ てしまいます。

「瀬戸大橋ができて、中国地方と四国地方が結ばれ、 岡山は交通の要になり、今後多いに発展します。もしそうならなければ、それ は地元の努力が足りないからでしょう」
などとぬかしておった 評論家(竹村健一)がいましたが、瀬戸大橋の通行料がいかにベラボウなも のか知らないで勝手なことをほざいていたのでしょう。いい加減なことを言うでない。 そんなことを岡山で二度と言ったら、投石されてどうなるか分かったものではない。 なにしろ、学園紛争のころ、投石事件で死者が出たのは岡山なんだから。

しかし、瀬戸大橋の鉄道ルートは、特別に高くはありません。通常の距離に よる運賃計算になっているようです。今では、瀬戸大橋の両側の住民達は、瀬 戸大橋線を使って、岡山県から香川県へ、あるいはその逆へと、通勤通学が盛 んに行われています。つまり、人は鉄道を使ってどんどん動いていますが、ト ラックなどの物資の輸送には、相変わらず、フェリーが一般的です。

なお、正確かつ詳しい瀬戸大橋の情報は、 本州四国連絡高速道路株式会社を御覧ください。 これによると、2006年現在、普通車で、児島〜与島が1900円、児島〜坂出北が3500円である。 まだ日常的に使いたくなる料金ではない。


ホームページプロフィール