パズル本

ドイツ語のパズル雑誌

どういう訳だか、ドイツ語のパズル雑誌がどさっとと言うほどではないが、 4冊まとめて送られてきた。しかし、残念なことに、私はドイツ語は全く駄目 であって、何も分からない。この雑誌、ドイツ語ではあるが、オランダの Haarlem から来ている。

そもそもどうしてこんなものが、それも自宅に直接送られて来るとは、非常 に不思議である。と思ったら、荷物の中に、説明がちらっと書かれていた。 それもドイツ語かと思ったら、英語であったので、なんとか理解できた。

それでも、長年パズルをやってきたので、問題を見ただけでどういう問題かが 分かってしまうところが病気なのだと思うが、ついやってみた。

毎ページ異なる問題がちょろちょろと載っているという感じである。問題の 種類は多いが、各種類各1題なので入門的な問題ばかりのようであった。

カックロ、クロスサム、足し算クロスなどと日本で呼ばれているのもあった。 ドイツ語では、ZWEEDS GETALLENRAADSEL というらしい。ルールのドイツ語は さっぱり分からなかったが、ちゃんと出来た。私の評価基準だと、10段階評価 の2〜3程度だっただろうか。とにかく易しい。

この雑誌は、隔月刊行のようであった。まるで、『ニコリ』のようであるが、 内容は『ニコリ』と比較対象になるようなものではなく、日本で大量に出回っ ている簡単なパズル雑誌並であった。まあ、こういう方が向こうでも売れるの であろう。売れるかどうかは、出版者、出題者にとっては何より重要かもしれ ない。

この雑誌以外にもさまざまなパズル本を出しているようで、1冊まるごと同 じパズルというのも30冊ほど出しているようだ。

ホームページもPUZZLESPORTとい う名前でちゃんとあった。でも、このURLが雑誌にも、入っていたペーパーに も書かれていないので、ちょっと見つけるのに苦労した。URLまでパズルとは。

1997年10月7日


パズル本