ホームページ目次2011-06-26(前)2011-07-03(次)

ナンプレ問題集の目標時間

2011年6月28日

ナンプレの問題集の中には、目標時間が示されているものがある。 このくらいの時間で解いてくださいね、というやつである。 しかし、この目標時間というのを決めるのが実は大変やっかいなのである。

こちらで作っているナンプレ問題集で、『IQナンプレ300』というシリーズがある。 学研から出していて、すでに3冊出ていて、4冊目が8月に出る予定だ。 右の表紙は、3冊目。

この問題集にも、目標時間が示されている。 個人的には、競争など無視して、のんびり、のらりくらり解けばよいではないかと思うのだが、 かなり多くの人が時間を気にするようなのだ。

要望が高ければ入れてもいいかなと思うのだ。 で、目標時間をどうするか決めなければいけないのだ。 この本、ヒント数が18~24となっていて、問題集の中では非常にヒント数が少ない。 それでも、最初の方は、かなりやさしい。ナンプレに慣れている人なら、探す時間はほとんどなくて、書き込む時間だけになる。頭よりも、体力勝負だと思う。

しかし、後半になると次第にレベルがあがって、後ろの1割程度は、かなり面倒な問題ばかりだ。自分で確認のために解いていても、ミスをしかねない問題だらけになる。 解くのにかかる時間は、体調というか、脳の調子によって大幅に異なる。また、偶然手筋が見つかって、早く解き終わることもある。だから、厳密に決めるのは難しい。

さらに、人によって、得意不得意がある。ある程度から先は、どうにも判断ができないのである。 それでも、何とか時間を書いている。 最初が5分で、中ほどで10分、最後で30分となっている。 ナンプレに慣れている人なら、中ほどの10分程度までは、時間内か、同程度の時間で解かれる人も多いのではないかと思う。 後半は、ナンプレをやりなれていて、さらにいろいろなテクニックにも精通していることを前提とした時間になっている。

最後の方の問題を30分では絶対解けないだろうという声もあったので、自分で解いてみた。途中で破綻さえしなければ(書き間違えなければ)、時間内、あるいは目標時間程度で解けるのを確認できたので、やっぱりこれでよいのではないかと思っている。最後の方は、時間を気にして解いていると、どうしても破綻しやすくなり、実際2割程度破綻した。

レベルが15段階になっているが、中級者の場合、がんばってもLEVEL10あたりまでしか解けないはずである。 本書の目標時間は、全体として、明らかに上級者向けになっているし、実際上級者なら、この時間で解き終える人はいるはずだ。 もちろん、神(狂人?)のレベルに達している人たちもいて、彼らにとっては、本書の最後あたりの問題も歯ごたえの無い問題であり、目標時間の半分くらいで解いてしまうのではないかと思う。 目標時間は、あくまでも目標で、自分の目標時間に換算して挑戦してもらいたい。

それに、早く解いてしまうより、ゆっくり解いたほうが、長い時間楽しめてお得です。


ホームページ目次2011-06-26(前)2011-07-03(次)