ホームページ目次2011-07-21(前)2011-08-10(次)

A1サイズの巨大パズルを書泉グランデで発売

2011年7月26日

ナンプレは9×9のサイズで、この大きさのままどんどん難しくすることは可能だ。 実際、ちょっとコンピュータに頑張らせると、とても解く気にならないような難問ができる。 そんな難問ができてしまったら、超難問を入れることになっている書籍や雑誌のために溜めておく。

しかし、大きさが9×9のままでは、なかなか達成感というのがないのだ。 ジグソーパズルでも、1000ピースくらだとどうということはないが、10000ピースになり、 畳1枚くらいの大きさになると、完成したときの喜びもひとしおだろう。

ということで、大きなナンプレを作ることにした。25x25とか、81x81とかも不可能ではないが、 そんな問題、自分で解く気分になれない。

それで、9×9のナンプレがいっぱい重なった合体ナンプレを作ってみたのだ。 まあ、とりあえず100枚以上重ねれば良いと思って作った。 A1サイズが印刷できるプリンタを入手し、いくつも問題を作ってみた。 104合体、105合体あたりが、収まりが良かったので、それで問題を作ってみた。

ナンプレは合体にしないと大きい問題にできないが、 クロスサム(足し算クロス、カックロ)の方は、とくに問題サイズの制限はないので、 こっちも大きいのを、つい作ってしまった。

作っては、実際に解いてみて、解き心地を何度も試してみた。 ナンプレの方であるが、やはり数字は少なく、綺麗に配置されていないと、 自分で解く気になれないのだ。十分数字が少なくて、どの9×9を取り出しても 数字が少なすぎて解ける訳がないような問題にしてしまった。

巨大スカスカ合体ナンプレ。やはりパズルはこうでなくては本物ではない。 ということで、自分でも楽しめるレベルの問題ができたので、販売することになった。 現在、神田神保町の書泉グランデの2階にて販売している。 販売だけでなく、問題をA1のパネルにして置いているので、 それだけでも見て、呆れて欲しいものだ。


ホームページ目次2011-07-21(前)2011-08-10(次)