ホームページ目次2014-10-02(前)2014-10-04(次)

ナンプレのX-Wingはなぜ使いこなせないか(5)確実な調べ方

2014年10月3日


この状態で、4のX-Wingの有無を調べないといけない。 それも、偶然ではなく、確実に調べないと見逃してしまう。 どういう風に調べれば良いか考えてみよう。

X-Wingは見つかっただろうか。X-Wingはある。これから、それを確実に見つけるための方法を紹介しよう。

X-Wingには、縦方向と横方向がある。 ここでは、まず縦方向に注目して調べていこう。

縦列に注目した時、縦列に4の候補が2つある列だけを取り出そう。 4の候補が1つだったら、そのマスは4に決定だ。 また、4の候補が3つ以上あった場合はX-Wingを適用できないので、無視する。 要するに、4の候補が2つある列だけに縦棒を引き、それらの列にA,B,C,D,Eと付けた。

X-Wingなので、2つの縦列の組で、4の候補が同じ位置にある組を探す。

すべての2列の組み合わせは、
(A,B),(A,C),(A,D),(A,E)
(B,C),(B,D),(B,E)
(C,D),(C,E)
(D,E)
である。この全てについて調べれば良いだけなのだ。

まず、(A,B)について調べてみよう。4の候補の縦の位置が合わないのでダメである。 (A,C),(A,D),(A,E)のいずれも縦の位置が合わないのでダメである。

まあ、そんなことをしなくても、A列の上の候補(緑丸)は、上から2段目。 そして、A列以外で、4の候補が上から2段目にあるのは中央5列目だけであるが、この列には3つ候補(緑丸)があるからダメである。 とうことで、Aと組になってX-Wingになれる列はない。

これを、B列について調べる。C列につして調べる。D列について調べる。
ということをすることで、どれもX-Wingにはならないことが判明する。

他のもっと調べやすい方法もあるので、各自でやり方は工夫しよう。

縦列を中心に調べるのは全部失敗だったので、次は、横列について調べてみよう。

さて、どこかにX-Wingがあるだろうか。


ホームページ目次2014-10-02(前)2014-10-04(次)