ホームページ目次2014-11-09(前)2014-11-11(次)

しつこいX-Wingの問題(5)いつのまにかペアができている

2014年11月10日


これが、前回の最後で示した状態だ。
視点を変えてみようといったが、まずは現状分析をしよう。

1 5個
2 3個 +2
3 2個
4 1個
5 4個 +2
6 5個
7 4個
8 6個
9 9個

+2 というのは、X-Wingがあってそれぞれ2個決まりそうだというのを示している。

2と5は今まで調べてきたのだが、すぐに次はないらしいので、一旦パスしよう。

8が残り3個であり、うまくいかないことは簡単に分かるだろう。

残り4個が1と6であり調べてみよう。

1は配置が悪くうまくいかないのだ。

6は次図のようにX-Wingができる。
いつものように、横列、縦列に注目し、候補が2個の場合だけ検討すればよい。

X-Wingが決まって、6の候補が4つ消えたことで満足と思うかもしれないが、それではいけないのだ。

一番左の縦列で何が起きているか注目しよう。

この縦列で候補6が入るのは2マスだけである。
そして、その2マスにはX-Wingで決まった5が入っている。
つまり、候補の2と6はこの2つのマスにしかないのだ。
ということで、2と6のペアでできているのだ。
これは大きな前進なのだ。

余分な候補は消して、ペアになった箇所はマゼンダの背景にして、わかりやすくしてみた。

さて、次はどこに注目して調べますか?


ホームページ目次2014-11-09(前)2014-11-11(次)