ホームページ目次2014-11-15(前)2014-11-19(次)

最終例題はX-Wingづくし(1)とりあえず自力で解いてみよう

2014年11月18日


X-Wingについてあれこれ説明してきて、もう書くべきことがほとんどなくなった。
しいて言えば、X-Wingの解き方ではなくて、問題にX-Wingをいっぱい入れるコツくらいになったが、その話は内容が濃過ぎるので止めておく。
それは、ナンプレの問題作りに十分慣れた人だけしか理解不能な内容になってしまうのだ。

最後にふさわしい問題が次の問題である。
特徴は、「X-Wingづくし」にふさわしい問題ではないかと勝手に思っている。
つまり、X-Wingが何度も何度も出てくる問題である。
X-Wingが何回出てくるだろうか?

X-Wingが何度も出てくると超難問と考える人がいるかもしれないが、X-Wingだけで超難問は作れない。 難問が限度である。
もっと難しい複数の手筋を組み合わせない限り難度はあまり上昇しない。
パズル作家によっては、X-Wingは上級手筋ではなく中級手筋と考える場合もあるのだ。

今回は、ヒントは何も書かない。独力で戦おう。
ここまで読んできた人には、そんなに難しく無いはずだ、理解していれば。


ホームページ目次2014-11-15(前)2014-11-19(次)