ホームページ目次2014-12-09(前)2014-12-11(次)

SwordfishはX-Wingの拡張版(6)候補が消えたマスに注目すべし

2014年12月10日


Swordfishが見つかり、候補8を#でいくつも消した状態である。
このとき、注目すべきは何だろうか?

まず、候補が消えるというのは大きな変化である。
候補が消えると、マスの中に1つの候補しか残らなければ、マスはその候補に決まるのだ。

候補8が消されたマスは5個あるのだが、どれを調べるべきだろうか?
たった5個だから全部調べれば済むのであるが、もっと効率よいやりかたを考えよう。

縦列、横列、ブロックで残り2マスは調べてきたので、もう残っていない。
当然、次に調べるのは、残り3マスになっている個所である。
残り3マスになっている縦列、横列、ブロックに属している消された候補8はないだろうか?

ということで、右下ブロックの消された候補8のマスに注目することになる。
なぜなら、このマスを含む横列は、残り3マスになっているのだ。

この横列で残っている数字は、2、6、8である。
そして、今、このマスの8は消された。
さらに、このマスには、同じブロックに6が既にあるので、6も入れられない。
ということで、このマスは2に決まる。

ということで、このマスに2を書き入れた。
Swordfishになっている候補8を示す⑧とか、候補は全部消して、確定数字だけにして、スッキリさせた。
というのは、ここまで来ると、もう候補なしでスラスラ解けてしまうのだ。

このマスの2が決まったことで、2は一気に全部決まってしまうのだ。

この先は説明するほどの難しい手はないので、以下省略するので、自分で解いてみよう。

ということで、Swordfishの第一歩は終了。


ホームページ目次2014-12-09(前)2014-12-11(次)