ホームページ目次2014-12-20(前)2014-12-22(次)

他の手筋と絡んだSwordfish (2)行き詰まったら全体を眺め直そう

2014年12月21日


どこまで解けたであろうか。
簡単に決まるのは、6が2個だけに過ぎないのだ。

この後、どこから手をつければよいのだろうか。
いつものように、注目する場所と注目する数字について考えてみよう。

まだ、たった2個しか数字が決まっていないので、ほとんと開始時と変わらない。
この問題の数字の配置は、もちろん点対称なんだが、それだけなく、対称性がやたらに良い。
なので、注目すべき個所も、きっと対称性を考えて、対称な位置にあるマスを考えれば良いはずだ。

そう考えると、次図の緑の○をつけたマスに注目すべきだろう。9個なのだが、1つは6に決まってしまったので、8個になっている。

注目するマスは決まったので、これからの○マスから、どの数字に注目すれば良いかを考えてみよう。
これは、比較的簡単な宿題だ。

そして、注目する数字が決まれば、その先の手筋も自ずと見えてくるのだ。


ホームページ目次2014-12-20(前)2014-12-22(次)