ホームページ目次2015-01-13(前)2015-01-17(次)

やはり最後が一気に決まるSwordfish (5)2もSwordfishだらけ

2015年1月16日


つぎは2について調べる番なので、2の候補を全部書き出してみた。

ここで、縦列について注目してみる。
縦列で、候補2が2個か3個の列だけを青枠で示した。

5列あるが、AとGは3個あり、他の列と組み合わせができない状態になっているので、結局3列残ってSwordfishができる。

消える候補2を#で消していたが、枠も、消された2も整理すると、次図になる。

一番下の横列に注目すると、①と②の両方が入っているマスが2個あり、その他の空きマスには何も入っていない。 つまり、この2マスで、1と2のペアが出来上がっているので、両マスをピンクにした。

1のときとまったく同じで、次のことがなりたつ。
2は元々3個あり、Swordfishで仮の3個が決まったので、残りは3個だけになり、 候補2の残りでまたSwordfishができるのだった。
ということで、2の候補は全て2つのSwordfishのどちらかに属するのだった。

こんどは、 一番左の縦列に注目すると、①と②の両方が入っているマスが2個あり、その他の空きマスには何も入っていない。 つまり、この2マスで、1と2のペアが出来上がっているので、両マスをピンクにした。

さて、この先は何を調べるべきだろうか?
ここで決まったのは、1と2のペアが2組もできたことである。 これに注目すると、何かできないだろうか?


ホームページ目次2015-01-13(前)2015-01-17(次)