ホームページ目次2015-02-21(前)2015-03-05(次)

様々な手筋の中のSwordfish (10)やはり決まった周囲から次も決まる

2015年2月25日


右上隅のブロックで8が決まり、その影響で右下ブロックにペアができたのだった。
もっとこの8を活用できないだろうか。
もう、8を含む右上のブロックは残り2マスでペアができているので、これ以上の進展はない。
あとは、この8を含み横列と縦列について調べてみよう。

横列の方が、より多くの候補が書かれているので、横列から調べてみよう。
もう、残りも少ないので、この横列について全部の候補を書いてみよう。

空白マスが4マスあり、それら4マスのいずれにも2つの候補が入り、何も決められないようだ。
これ以上の追求は止めよう。

次は縦列について調べてみよう。
すると、7のSwordfishの影響で、7が入れられる空白マスは1マスしかなく、7が決定するのであった。

7が決定してしまえば、あとは芋づる式に決まってしまう。
とりあえず、右下のブロックだけ書き込んでおいた。
あとは簡単なので省略する。

Swordfishについて色々書いてきたが、もうかなり詳しく説明してきたので、 ここまで読んだ人は、Swordfishくらいは楽勝で解けるようになっていることを期待して、Swordfish編は終わりにする。

さらに上級編を書くかどうか、ちょっと悩むことにする。


ホームページ目次2015-02-21(前)2015-03-05(次)