目次

1996年6月のアクセス状況


大チョンボを書いてしまった。6月末までのアクセス総計は193468で あった。だから、本当の20万アクセスは、7月の初めにとっくにクリアして いたのであった。

1996年7月11日 記 


6月は、途中で引っ越しがあり、出張がありで、ホームページの相手をして いる暇がないこともあって、ついに、始めて、大幅にアクセスが減少してしま った。世の中の人間は正直というか薄情なもので、新しい情報を提供しないで いると、さっさと他へ行ってしまう。

それで、3月以降では最少のアクセスまで激減し、6月のアクセス総数は3 5837という情ない数値にまで落ち込んでしまいました。約30%のダウン です。それでも、なんとか開始以来のアクセス総計は174218に達しまし た。今現在17万6千くらいですが、この分では、七夕に20万は苦しいかも 知れない状況です。でも、まあ、最悪でも、7月中旬には、20万には到達で きる模様です。

順位カウント サイト  5月4月3月2月1月
11434シャープ182421--
21196東芝 22213
3989日電 34155--
4947富士通 537--
5927★ベッコウアメ111--
6919★IIJ 99106-
7916★ソネット 6934--
8825★朝日ネット 111215--
9742技術評論社 435---
10733 早稲田大学 19-1182
11654東京大学 151414--
12619★東京インターネット 3-17-10
13603大日本スクリーン 222927--
14587龍谷大学 -----
15583三菱電機 241828--
16566★NTT 10169--
17550高エネルギー物理学研究所 -19---
18531徳島大学 2127---
19523リクルート 36----
20521日立 292019--

今回は、どういう訳か全然見当もつきませんが、シャープが首位になりまし た。まさか、シャープに就職している私の同級生とかがはまってしまって、一 気に増えたのかどうかは知りませんが、久しぶりにトップの交替です

そういえば、今度の引っ越し騒ぎで、新たに窓用のエアコンを購入したので すが、色々比較検討というか、条件が厳しくて、結局選択肢に残ったのがシャー プの窓用エアコンだけでした。それが影響して、こんなに伸びたに違いない、 なんてことは有る訳ないですね。

大日本スクリーンが 13位と健闘していますが、今までもアクセスはかなりあったのですが、20 位台で甘んじていたのが、全体のアクセスが減ったので上位に上がってきまし た。

龍谷大学は、完 璧な新顔でして、なんでこんなに急に龍谷大学で注目を集めているのかは、ま るで見当がつきません。

それにしても、今回は西日本のサイトが非常に多い。シャープ(奈良)、大 日本スクリーン(京都)、龍谷大学(滋賀)、徳島大学などがあり、三菱電機 も関西の比重が高いし、関西で受け入れられたのでしょう。

その代わり、今回は、今まで常に上位に入っていたリムネットは26位、ア ステックは30位に落ちてしまいました。

全体の傾向としては、非常に頻繁にアクセスに来ていたサイトのアクセス数 は相当減っていますが、全体のアクセスはそれほどでもなく、上位のドツボに 入っていた人々がドツボから這い上がったのが減少数にほぼ一致しています。 20位のアクセス数は、逆に今までの新記録なので、突出したベストテン当た りまでで減少が顕著なだけで、それ以下はほぼ今まで通りのレベルになってい ます。つまり、日本のインターネットは、やはり着々と普及している証拠のよ うです。

1996年7月1日 記 


目次