目次

開始後1年間のアクセス状況


公開開始1周年記念日
1996年8月30日

8月30日が開始1周年記念日であった。それで、この1年間の情報を少しまと めてここに示しておく。

まず、アクセスの変化を示すグラフである。面倒なので、開始以来の日数しか示 していない。

1995年8月30日〜1996年8月30日

数値はヒット数。いくつのファイルが発信されていったかである。しかし、 このグラフでは、最初の190日まで位は0付近をごちゃごちゃはっているだ けで、その後ときどき鋭いピークを作りながら、かつ毎日激しく波打ちながら なんとなく上昇しているのが分かる程度である。

次に示すのは、片対数グラフである。ヒット数を対数表示している。

1995年8月30日〜1996年8月30日

最初の70日間位までは、ときどき1まで下がっているが、本当は1ではな く0であるが、片対数グラフでの0は下方無限大の位置であり、意味が無いの でグラフは1で切られている。

片対数グラフで見ると、鋭いピークは緩和され、全体的には、波打ちながら も着実に右上がりになっているのが分かる。大体、1年間で100倍程度の上 昇傾向にあることは、このグラフから分かるであろう。

もうすこし細かい説明をすると、小さい山がいっぱいあるが、1つの小さい 山あるいは台形と言った方が適切かも知れないが、それが1週間を示している。 アクセスは、ウィークデイが多く、休みには大体半減する。

それから、大きなピークがあった後、大体2から3週間は減少するが、決し てそれ以前のレベルまでは落ちず、1段階上のレベルで推移するようになる。

最初の100日あたりまでは、非常に急激に伸びているように見えるが、こ れは友人知人などに知らせ、それが仲間内で広まって行った状況を示している。 一般公開したといっても、一般の人が知ることは殆どなく、開始して2から3 か月で仲間の間には浸透してしまい、それ以上増えなかったのを示しているの かな、と思っている。

実質的な一般公開は3月4日のJAVAメーリングリストに流れてからと言 える。それまではヒット数がせいぜい数百であった。人数で言えば10人前後 である。それが、一気に1000ヒット程度になり、人数も毎日100人程度 に上がってしまった。

開始1年後の現在は、毎日4000〜5000程度のヒット数である。休日 もマシントラブルとかが無ければ2000以上という状況である。

さて、この1年間に来ていただいたサイトのランキングである。

順位カウント サイト 
1 12216東芝
2 10693★ベッコウアメ
3 9778富士通
4 9276★東京インターネット
5 8610日電
6 7258★NTT
7 7120東京大学
8 6958筑波大学
9 6786★リムネット
106400★IIJ
115661★ソネット
125453技術評論社
135247アステック
145167シャープ
154778★朝日ネット
164764早稲田大学
173455日立
183411三菱電機
193410東京工業大学
203064茨城大学
212980大阪大学
222972徳島大学
232946★メッシュ
242939京都大学
252907福岡大学
262799慶応大学
272741金沢大学
282646★晴れネット
292600大日本スクリーン
302535会津大学
312507高エネルギー物理学研究所
322458サンマイクロシステムズ
332433明電舎
342384九州大学
352220伊藤忠テクノサイエンス
362170神戸大学
372139★スリーウェブネット
382114DEC
392093IBM
402079ソニー
412063★EXPO96
422009アスキー
431936東京理科大学
441821★FSIネット
451819★ビーイングネット
461756PFU
471751ニューロンデータ
481749電子技術総合研究所
491725龍谷大学大学
501674奈良先端科学技術大学院大学

★は、プロバイダを示す。

上位2サイトは1万を突破した。10位までの半数はプロバイダであり、こ れは一般へのインターネットを浸透を示すものだろう。

企業では、東芝、日電、富士通の3社が圧倒的に強い。仕事をしていないの か、インターネットの調査のためやってきている仕事の虫なのか、そのあたり はさっぱり分からない。

大学では、やはり東京大学が伸びて来た。学内のネットワークが改良された せいかどうかは知らないが、最近はかなり楽に学内の研究室までたどり着くこ とができるようになった。

このところ伸びの著しいのは茨城大学である。じつは茨城大学の複数の個所 から来ているので、学内で汚染が急激に広まったためらしい。

この表に出てないところでは、富山と金沢付近の大学やプロバイダ、企業か らのアクセスが多い。全国を地域的に分けて見ると、もちろん東京が圧倒的に 多いのであるが、京都と大阪もかなり多い。とりわけ京都が多い。その他で目 立つのは、北陸と、出身地の岡山である。

1996年8月31日 記


目次